(54)【考案の名称】人形およびその製造装置

(73)【実用新案権者】メルヘンワールド株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、例えば成形品プラスチックによるフィギュア等の例えば空白状態の顔部分に個人の写真等の変換可能な種々の画像によるお面を付設可能にした顔面変換型の人形およびその製造装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、マスコット人形の顔部分に、例えばインクジェットで印刷した既設の企画デザインによる顔フィルムを使ったお面を直接貼り付けて成る実体のある人形形態を備え、お面自体の脱着交換が可能となるようにした顔面変換型立体人形が提案されている。
【0003】
これは、例えば携帯電話機、パソコン、IP電話機、DS、PSP等の種々の通信機器やインターネット機器に取り込んだ種々の変換可能な画像データを出力させて、これを立体人形の顔部分に対し脱着交換可能に取り付けることのできる新規なる技術である。

【効果】

【0011】
本考案によれば、種々の画像が印刷され且つ立体成形されたお面を備えたユニークな人形を提供することができる。
【0012】
また、本考案に係る人形製造装置によれば、低コストで且つ短時間に種々の画像によるお面を作製することができ、しかも何人でも簡単な操作でもって、立体的なお面を自由自在に作製し、これを個人の選択した好みの人形に装着するという一連の作業工程を可能にする。

(57)【要約】

【課題】種々の画像が印刷され且つ立体成形されたお面を備えたユニークな人形およびその製造装置を提供する。【解決手段】個人を写し出すモニタ画面3と、顔部分を照らすための照明装置4と、モニタ画面3を見ながらリモコン操作によって個人自身が好みの状態に写るように位置決めしてから写真を撮影するカメラ2と、延伸性フィルムシートSをお面状に立体成形する立体成形器7と、個人により選択した写真をセットして前記立体成形した延伸性フィルムシートSの内側に位置するインク受容層に前記写真をインクジェット印刷するプリンター6とを配備して成る製造販売カウンタ装置を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):