(54)【考案の名称】植生、水質浄化、稚魚幼虫保護を行う人工浮島

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、池、湖沼、河川、海辺等において植物の植生用として設置され、水質を浄化し稚魚や幼虫の保護機能を有する人工浮島に関している。

【従来の技術】

【0002】
池、湖沼、河川、海辺等における水辺の緑化と水質の浄化が要求されている。水辺のアシ、ヨシ、その他の植物の減少を防ぐため人工浮島による植生が行われている。また、水中においては、汚泥の沈殿、富栄養化、汚染水の流入、光合成の不足、水の浄化作用の劣化等により水質汚染が進行しているので、水質浄化の試みがなされている。
浮島はアシ、ヨシ、その他の植物の繁茂と垂下根は魚やエビ類等へ隠れ家を提供しているが、草魚による垂下根減少と大型魚による稚魚の捕食を防いで魚や昆虫の増加を図る必要がある。

【効果】

【0007】
本考案の効果は下記の通りである。
[イ]人工浮島の上部にアシ、ヨシ、その他の植物を植生できる。
[ロ]人工浮島の水底に水草や海草を植生でき、水底に天然ヤシ繊維マットを敷いても光を遮ることがない。
[ハ]炭素繊維により水質を浄化する。
[ニ]稚魚や幼虫に隠れ場所を提供する。
[ホ]重りと天然ヤシ繊維マットで人工浮島の浮遊を阻止できる。
[ヘ]人工浮島が強風や高波に転覆したり、折れ曲がったりしない。

(57)【要約】

【課題】 従来の植生用人工浮島は強風、高波に弱く、折れ曲がることもあり、浮島にネットを張る方法は水質浄化が不十分であり、炭素繊維による水質浄化は植生と稚魚幼虫への隠れ家の提供が考慮されていない。【解決手段】合成樹脂発泡体の芯材に天然ヤシ繊維不織布を巻着した外枠と内枠をスプリングで連結する。外枠の外辺を15〜30度の鋭角で斜め下方へ突出させて人工浮島の転覆を防ぎ、人工浮島に被せた重りを付けたネットを水中に垂下して大型魚の侵入を防ぎ、外枠と内枠に炭素繊維人工藻を装着して水中に垂下して水質を浄化し、ネットの下端に装着した複数の穴を開けた天然ヤシ繊維マットを水底に敷設して水草や海草を植生し、人工浮島の上部にアシ、ヨシ、その他の植物を植生する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):