(54)【考案の名称】読取コード付きラベルシール

(73)【実用新案権者】株式会社ダイマッカン

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はQRコード、バーコードなどの情報読取のための読取コードを表示したラベルシールに関する。

【従来の技術】

【0002】
ラベルシールは本来的には広く封印のために使う小片の用紙をいうが、本考案におけるラベルシールは主として表示、装飾機能を重視する貼着、接着機能のあるラベルをいうものとする。より広い意味においてはステッカーの類も一種のラベルシールと考えることができ、本考案はそれをも含めて対象とするものであり、本明細書においてはそれらを総称してラベルシールと称する。
【0003】
この種のラベルシールは近時では非常に多種、多様な態様で提供され、用いられている。
例えばその素材も紙は勿論プラスチックのものもあり、特殊なものでは織物、金属などもある。また接着態様もラベルシールを再度剥がすことなく貼着するものから用済みの場合に容易に剥がすことのできる弱粘着や何度も貼りなおすことができる再剥離可能なものなどこれも多様である。
【0004】
いずれにしろラベルシールは物の表面に貼り付けて用いるものであることに変わりは無く、貼り付けたラベルシールによってそこに表されている表示、装飾、あるいは凹凸などの形状によって何らかの情報、美観などを使用者に提供し、使用者はそれを利用するものである。
さらには、ラベルシールの絵柄などの表示そのものを貼着対象物の表示とすることのできる転写的機能を持たせた一般的に転写シールと呼ばれるラベルシールも多く提供されるようになってきている。
【0005】
他方、近時のIT技術の進歩に伴ってラベルシールにITのための情報を表示するものが提供され始めている。その情報は例えば食料品の産地情報のためのものであったり、ウエブページのURLを表示するものであったりする。
しかしながらそのような表示は、ラベルシールを貼付した後でも繰り返しの利用が可能なようにラベルシールの表面に表示され、ラベルシールが使用不能、あるいは表示が消えるまではその表示が利用できるものである。
【0006】

【効果】

【0014】
本考案のラベルシールは、ラベルシールの使用後即ちラベルシールを一旦貼着した後は貼着対象物が透明あるいは半透明の薄いものであって貼着対象物まで透過して読取りコードが読み取れるような特殊な場合を除いて読取りコードを読み取ることができないことを前提にしており、ラベルシールの実際の使用状態においても貼着対象物まで透過可能な場合は殆ど無いので、通常の使用状態では一旦ラベルシールを使用(貼着)した後は態々ラベルシールを剥がしてラベルシールの裏面の読取りコードを露出させ無い限りは再度読取りコードによる読取りはできない。
【0015】
このために、ラベルシールの使用後も常時読取りコードを読み取ることができる状態の従来のラベルシールの場合には、いつでも読み取ることができるという安心感のために却って実際に読み取られることが少ない実情に対して、本考案のラベルシールの場合には一旦使用(貼着)してしまうとその後では読み取ることはできないという限定感を使用者に与えることになって、使用者の心理的な作用が働いて、読取りコードの利用が格段に増加する。従ってこの読取りコードがURLの場合にはそのウエブページへのアクセスが多く行われて広告媒体的な効果が増大するものである。
【0016】
裏面には、上記の読取りコードであるQRコード以外にも文字あるいは図柄による伝達したい情報を表示することができるので、その情報の表示は読取りコードであるQRコードを用いてウエブページに接続したいとの意向を使用者により強く励起させる。

(57)【要約】

【課題】 従来の上等のラベルシールの用途、効用がさらに拡大されたラベルシールの提供。【解決手段】 少なくとも図柄あるいは情報などを表示する表示層とその裏側に設けた透明または半透明の接着剤層とよりなるラベルシールにおいて、表示層の裏側に読取コードを表示したラベルシールである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):