(54)【考案の名称】ドアアーム

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、建具や家具、あるいは配電盤その他の開閉物などのドアに取り付ける、ストッパー付きアームに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来は、左右に位置調整可能な本体取り付け部を必要とする、屈曲可能なアームにストッパーを設けた構造となっていた。

【効果】

【0005】
本考案の効果について説明すると、先ず、本体とドアとの開閉角度が、丸棒状のアームを摺動自在に移動する、ドア取り付け具に回動自在に取り付けた円柱状の回動摺動具によって行なわれるため、従来の屈曲するドアアームより構造が単純化され、動きもスムーズで耐久性も良くなった。
【0006】
また、ドアの開きは、その末端に設けたバネ状に嵌着するストッパーによって、柔らかく受け止められ軽く保持される。
【0007】
次に、ドアアームの取り付けは、図示のように、本体の所定個所に本体取付板を鉛直状態に配置し、水平方向から螺着するため、取り付けが簡単となった。また、ドアの開閉角度の調整は、アーム自体に設けたナット5の螺子回転による伸縮機構によって容易に可能である。従来品は、一般に、本体の水平部分となっている裏面に取り付けることを想定されており、下方向より上向きに螺着する必要があった。また、ドアの開閉角度の調整は、その取り付け位置を左右にスライドさせるため、取り付けのための付属品も必要であり、構造的に複雑で取り付けや調整が面倒であった。

(57)【要約】

【課題】 従来、建具や家具あるいは配電盤など本体と、付設するドアとの開閉角度の上限は、本体とドアに取り付けた屈曲可能なドアアームの開閉角度が全開した状態としていた。従って、その開閉角度の調整は、取り付け部にスライド機構を別に必要れとし、その調整も面倒であった。本考案は、ドアアームの構造を単純化するとともに、本体とドアとの開閉角度の調整を簡便にすることを課題とする。【解決手段】 本体取付部に回動自在に取り付けたアームに、ドア取付具に回動自在に取り付けた円柱状の回動摺動具を摺動自在に設けたうえ、アームの末端にバネ状のストッパーを固設する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):