(54)【考案の名称】アンカ−付き閉塞栓

(51)【国際特許分類】

E04G 17/06 ・結合手段 スペーサ

(73)【実用新案権者】BiC株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、コンクリ−ト構築物の壁面に残る支承具跡穴を塞ぎ、かつ、壁面仕上げ材のモルタルやタイル等の剥落を防止できるアンカ−部材付き閉塞栓に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、コンクリ−ト構築物には支承具跡穴が残るため、その穴を塞ぐために別体形成されたコ−ン状の閉塞栓で塞いでいる。具体的には、コンクリ−ト構築物のモルタル外装材の剥落を防止するために、コ−ン孔を埋めるプラグ本体に金属や合成樹脂製の細い繊維材を放射状に取り付けた技術がある。(例えば、特許文献1参照)
【0003】
また、コンクリ−ト構築物のコ−ン跡を塞いで、その上に塗布するモルタルの接着補助具として、埋栓部の外面にル−プ又はフック状の係止部を設けた技術がある(例えば、特許文献2参照)
【0004】
さらに、構築物の支承具跡穴を塞ぐ閉塞栓の大径側面に、フレ−ムで形成したアンカ−部材を半埋設することで、外装材のモルタルの剥落を防止する技術がある(例えば、特許文献3参照)
【0005】

【効果】

【0010】
本考案による閉塞栓は、大径側の端部に略ド−ム状に形成したアンカ−部材の基部フレ−ムが突き出た状態に支柱を埋設しているとともに、その対向側には金属製のナット管を埋設しているため、コンクリ−トの支承具跡穴のセパレ−トにねじ込むと強固にして確実に固定されるので、一々接着剤を付ける手間も掛からないで施工作業スピ−ドが早く効率的である。
【0011】
その上に外装材のモルタルを塗ると、アンカ−部材の目は荒い格子状であるので取り込み易く、硬化した後は、外装材のモルタルやタイルの剥離や脱落する恐れがきわめて少ない閉塞栓であり、仮に大きな地震など起きた時に壁面にヒビや剥れが生じても、アンカ−部材の支柱は引き延ばされながらも外装材のモルタルを保持し得るので、モルタルやタイルの剥落による被害を最小限にとどめられる。
【0012】
また閉塞栓は指でねじ込むだけで取り付けられるので慣れない者でも簡単に取り付けられるが、その他の方法として、閉塞栓の基部フレ−ムに係合する専用のアタッチメントを作り、これを電動ドライバに取り付けて行うと飛躍的に作業スピ−ドを高められるなど、従来には見られない機能的なアンカ−部材付き閉塞栓を提供する。

(57)【要約】

【課題】従来の閉塞栓は外装材のモルタルの剥離防止の確実性が低いので、確りとセパレ−タに固定できるとともに、モルタルの剥離防止効果を高められるアンカ−部材付き閉塞栓を提供する。【解決手段】モルタル素材による台形状の閉塞栓1の小径側にナット管5を埋設するとともに、その対向側の大径側表面2にリング状の基部フレ−ム6の内側に十字状の補助フレ−ム7を連結した前記基部フレ−ム6及び補助フレ−ム7の交叉部下部に、一定の長さ延長する突部8付き支柱9を5本連結して成るアンカ−部材10を、前記した大径側表面2に基部フレ−ム6が数ミリ程度突き出る状態に前記支柱9を埋設して成るアンカ−部材10付き閉塞栓1とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):