(54)【考案の名称】電柱標識板等の取付け具

(73)【実用新案権者】株式会社サンキョウ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電柱の外周面に巻回状態で取付けられる電柱標識板或いは貼紙防止板等(以下、本明細書では電柱標識板等と総称する。)の取付け具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
一般に、この種の電柱標識板等、すなわち、電柱への違法な貼紙を未然に防止するために特殊な構成の合成樹脂からシート状に形成された貼紙防止板や合成樹脂製或いは金属製のシート状からなりその表面に各種の注意書きや指示書き、イラスト等が表示されて構成された電柱標識板にあって、該電柱標識板等を電柱に対して取付ける場合には、該電柱の外周面に巻き付け(巻回し)て、その上下縁部或いは両側縁間を合成樹脂製或いは金属製のねじ付きバンドにより締め付け固定し、その締め付け固定した後、該バンドが弛緩されないようにそのねじ部位をロックする手段が採用されていた。
上記した取付け手段にあっては、一般的に採用されている手段であるため、とくに特許文献としては未調査である。

【効果】

【0008】
請求項1記載の考案においては、電柱に対する電柱標識板等の取付けを、電柱に接着固止される基板と該基板に接着固止される表側押え部材とによる簡単な構造でその電柱標識板等の両側端縁を挟着するという簡易な作業で行なうことができる。このことは、構造簡単にして、その取付け時の作業性及び見栄えの良化向上を図ることができる。
【0009】
請求項2記載の考案によれば、請求項1記載の効果に加え、取付け凹面部に対する電柱標識板等の両側端縁の定置を簡単になし得、その作業手順をさらなる簡易化を図るとともに、基板、電柱標識板等、表側押え部の三者の固止状態をさらに確実することができる。
【0010】
請求項3記載の考案によれば、請求項1記載の効果に加え、基板と表側押え部材とを確実に固止することができるので、両者による電柱標識板等の挟着状態を確実になし得、基板、電柱標識板等、表側押え部の三者の固止状態をさらに確実することができるものである。
【0011】
請求項4記載の考案によれば、請求項1または2記載の効果に加え、電柱に対する電柱標識板等の取付け作業手順をさらに簡易に行なうことができ、さらには、その固止状態の確実化を図ることができる。

(57)【要約】

【課題】電柱に対し、電柱標識板等の取付けを簡単な構造でしかも簡易な作業で行なうことができ、その作業性及び見栄えの良化向上を図ることができる電柱標識板等の取付け具を提供する。【解決手段】電柱Tの外周面に対しシート状の電柱標識板等Wを巻回状に固定するための電柱標識板等Wの取付け具1であって、電柱Tの外周面軸方向に沿って接着固止されかつ電柱Tに巻回された電柱標識板等Wの両側端縁W1、W2を所望の間隔をおいて対向状に定置する取付け面部5a、5aa(5、5)が両側縁に沿って形成された所望長さの帯状の基板2と、基板の取付け面部5a、5aa(5、5)間に接着固止されかつ取付け面部5a、5aa(5、5)にそれぞれ定置される電柱標識板等Wの両側端縁W1、W2を外側から挟着する所望長さの帯状の表側押え部材3とからなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):