(54)【考案の名称】左官用角度可変式隅押さえ鏝

(73)【実用新案権者】株式会社カネシカ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は壁塗り仕上げ作業の最終作業となる壁面の張り出したコーナー部分(以下、出隅部分)や入り組んだコーナー部分(以下、入隅部分)の仕上げについて壁の出隅部分あるいは入隅部分の多様な角度に応じてその都度角度を調整し、柔軟に対応しながら、しっかり押さえることが出来、なおかつ周辺の壁に意図しない押さえ傷や引き傷を作らないで仕上げることが出来る左官用角度可変式隅押さえ鏝を提供するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の壁塗り仕上げ作業用の左官用隅押さえ鏝は、角度が固定された上になおかつ押さえ板全面が強固に加工されていた。

【効果】

【0005】
本考案の左官用角度可変式隅押さえ鏝の効果を図3及び図4において説明すると柄31の下部に柱脚32を固定してさらに、その先に適度な強度を持たせた補強板33を固定する。
その補強板33に押さえ板34を固定し、もう一方の押さえ板35を適度な固さを有する接続材36及び37で押さえ板34と連結することにより、押さえ板35は押さえ板の連結部38を中心として自由に動くことが可能となり、押さえ板34と35が構成する角度を任意に調整することができる。
【0006】
上記理由から、本考案の左官用角度可変式隅押さえ鏝は、仕上げる塗り壁の出隅及び入隅部分の角度に左右される事なく、幅広い任意の角度に対応する事ができる効果がある。
【0007】
さらに、上記理由から短時間の訓練で、出隅部分及び入隅部分のいかなる角度に対しても見栄えのする隅押さえ塗り作業が可能となる。
【0008】
さらに、上記理由から作業時間が飛躍的に短縮でき、効率的な作業が出来る。
【0009】
さらに、当考案は実施するに当り、特殊な加工工程がないので安価な製品化が可能となる。

(57)【要約】

【課題】仕上げる塗り壁の出隅及び入隅部分の角度に左右される事なく、幅広い任意の角度に対応する事ができ短時間の訓練で、出隅部分及び入隅部分のいかなる角度に対しても見栄えのする隅押さえ塗り作業が可能となる。作業時間が飛躍的に短縮でき、効率的な作業が出来る。特殊な加工工程がないので安価な製品化が可能となる。【解決手段】薄くて弾力性のある2枚の押さえ板34および35を適度な固さを有する接続材36及び37で連結することで、仕上げる壁の出隅部分及び入隅部分の多様な角度に柔軟に対応でき、初心者でも短時間の訓練で見栄えのする壁塗り作業を可能にする。また、自然な風合いに仕上げる塗り壁の出隅部分及び入隅部分の仕上げ作業に十分対応しうる左官用隅押さえ鏝が可能となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):