(54)【考案の名称】土台・床面・梁面における仕口構造

(73)【実用新案権者】有限会社富田技建

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本願考案は、土台・床面・梁面における仕口構造、いわゆる火打ちに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
木造建物では、床や天井裏の小屋組みの水平に直交する部材の接合部・交差部がしっかりと固定されるよう、斜めに架渡された補強材が使われる。これを火打ち材といい、火打ちは、地震の時などに建物の角がゆがまないように、土台面、床面、梁面などに必ず入れられる。
特に地震の多いわが国では、柱と梁だけの建物は、地震の揺れ(水平力)により建物が簡単に変形し、建物の倒壊等を招くことになるから、筋交いや火打ちにより建物が補強されている。
上述のとおり火打ちは、水平に直交する部材(梁)の接合部・交差部がしっかりと固定されるよう、斜めに架渡されるものであり、通常直交・接合される部材に架渡される。
この通常の火打ちを現したのが図1である。
図1に示した通常の火打ちでは、床面などで、床を貼る際に、床材を釘等で固定するため、火打ちとは別に梁間に桟を渡すなどの必要があった。

【効果】

【0006】
本願考案は、本造建築の床面工作作業において火打ちを活用することにより床梁の前段階工程たる桟渡の作業を削減でき木造建築の作業コストの削減を図ることができる。

(57)【要約】

【課題】特に床を貼る場合に梁間に桟を渡さず、ないし従来より桟の数を減らし、作業工程の削減を図る土台、床面、梁面における仕口構造を提供する。【解決手段】梁1によって構成される方形の空間の対角状に補強材としての火打ち2を架渡する。これにより、中央空間部に新たに桟を設ける必要がなくなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):