(54)【考案の名称】F型接栓装着工具

(51)【国際特許分類】

H01R 43/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、端末処理された同軸ケーブルにF型接栓を装着するときに使用する工具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
デジタル放送化、CATVシステム化等により情報源のグローバル化、多チャンネル化、多メデイア化、通信と放送の融合化が行われつつあり、高周波信号の漏洩、ノイズ、他電波の混入を防ぐためF型接栓を螺着する接栓座を有するメデイア機器、映像機器、各受信機や、分配器、分岐器等家庭用受信機器が多用されるようになり、同軸ケーブルを端末処理しF型接栓をその同軸ケーブルに装着し、各機器の接栓座へ螺着する頻度が増加してきた。
【0003】
端末処理された同軸ケーブルにF型接栓を装着する工程を図3に図示しているが、図3(a)の処理済同軸ケーブル83の如く、同軸ケーブル端末処理までは便利な加工器具が開発され一般に活用されている。しかし、図3の(b)(c)(d)までのF型接栓装着過程における便利な工具がなく、ペンチ等を使用しての装着作業となっている。そして、図3(e)の段階において種々のリングかしめ工具が開発されている。
【0004】
前記、F型接栓装着工程において、種々の同軸ケーブル、例えば、径の異なる3C、5C、7C同軸ケーブル、メッセンジャー付で外部導体アルミ箔ケーブル、高周波信号用3重構造ケーブル、劣化し硬直した外皮のシース、さらに、寒期における硬直化したシースの同軸ケーブルへのF型接栓装着難作業、その上、床下、高所壁面、天井裏、屋根上等々、過酷な状況下において旧線、新線問わずF型接栓装着作業がなされている。

【効果】

【0008】
第一考案の注射器形をした握り型F型接栓装着工具及び、第二考案の拳銃形をした握りレバーを有するレバー型F型接栓装着工具によれば、端末処理された同軸ケーブルにF型接栓を手軽で安全に、操作も簡単に装着することができる。

(57)【要約】

【課題】端末処理された同軸ケーブルに、F型接栓を装着する手軽で操作も簡単なF型接栓装着工具を提供する。【解決手段】注射器形をした握り型F型接栓装着工具で同軸ケーブルの径に応じて調圧を可能とする同軸押さえ手段を有し、握り支持腕を設けられた同軸案内部と、F型接栓取付部とF型接栓圧入時に案内する圧入案内板と装着操作をする握り部とで形成された接栓装着部とで構成される。また、拳銃形をしたレバー型F型接栓装着工具で、本体部が前記の同軸押さえ手段を有する同軸案内部と、接栓装着部を軸方向に前後移動の案内をする装着部案内部と、装着部押込みねじを螺送する螺送部と握持部で形成され、F型接栓取付部を有し軸方向に前後移動をする装着部案内溝を設けられた接栓装着部と、その接栓装着部を押し出す装着部押出しレバーと螺送部に螺着された装着部押込みねじで構成される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):