(54)【考案の名称】掲示物固定用シート

(51)【国際特許分類】

C09J 7/02 ・担体上のもの

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、シート片面に粘着剤層が備えられ掲示物を接着する事ができ、もう一方の片面には、粘着性(再剥離性も有する)が備えられ、ガラス板等平滑な壁面を汚さずに掲示物を貼ったり、はがしたりする事のできるシートに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
商店やビル等において、ガラス板等平滑な壁面に貼られる広告紙やポスターその他の表示の掲示物は、セロハンテープやガムテープ又は両面テープ等で、貼りつけられる事が多く長期間使用していると、粘着素材が、ガラスや壁面等に付着し、掲示物をはがした際、はがし残し汚れがついてしまっていた。

【効果】

【0005】
上述の様に本考案の掲示物固定シートは、商店、事務所、家庭等さまざまな場所においてガラス板、プラスチック扉、ホワイトボード、スチール壁など平滑な面に掲示物を固定する際平滑な面を汚す事なく、簡単に掲示物を貼ったりはがしたりする事が出来、従来使用されているセロテープ、ガムテープ、両面テープ等による粘着素材のはがし残し汚れを防止しながら掲示物を固定するものとして役立つ。

(57)【要約】

【課題】固定シート本体の片面に粘着剤層を設け、シート本体素材の特性である粘着性・再剥離性を活かして、掲示物を固定壁面へ自在に貼ったりはがしたりができ、且つはがし残し汚れを防ぎ壁面保護をしながら、掲示物を固定することのできるシートを提供する。【解決手段】シート本体2の片面に粘着剤層3を設け、掲示物固定用シート1としたものであり、粘着剤層には、掲示物5を付着させ、本シート本体2には、ガラス板等の平滑な固定対象4を付着させる事により、掲示物5を固定対象4に固定させる事ができるものである。また、自在に掲示物5を貼ったりはがしたりする事が可能であり、且つ固定対象4へは、シート本体2の素材の特性が活かされているため、従来のセロテープ等による粘着素材のはがし残し汚れを防ぎ、固定対象であるガラス板等の壁面保護をしながら、掲示物を固定するものとして役立つ。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):