(54)【考案の名称】機器操作機及び、その対応機器

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、対応機器である複数の電気・電子機器を一元操作する機器操作機及び、その対応機器に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、テレビやビデオ装置、或いはエアコン等の電気・電子機器に付属するリモコンが複数存在すると、それらの管理が煩雑となり、どのリモコンを使用すべきか混乱が生じるという問題があった。
この問題に対し、予め複数の家電メーカーの機器コードが記憶されたリモコンや、機器に付属するリモコンから発せられる赤外線信号を学習する学習機能付リモコン等が提供されている。
このような学習機能付リモコンがあれば、例えば赤外線信号を発する複数のリモコンを1つに纏めることができ、利便性を向上させることができる。尚、学習機能付リモコンについては、特許文献1に記載されている。

【効果】

【0012】
本考案によれば、所定住所内の複数の電気・電子機器を一元操作する機器操作機において、セキュリティ性が高く、前記複数の電機・電子機器の動作状況を容易に確認できると共に、操作性に優れる機器操作機及び、その対応機器を得ることができる。

(57)【要約】

【課題】所定住所内の複数の電気・電子機器を一元操作する機器操作機において、セキュリティ性が高く、前記複数の電機・電子機器の動作状況を容易に確認できると共に、操作性に優れる機器操作機及び、その対応機器を提供する。【解決手段】操作部4と、操作部4から入力された所有者コードに基づき各対応機器Sに対する操作を可能とする所有者コード特定手段7と、周波数信号の送受信が可能な送受信手段22、23と、対応機器S側から出力された制御データを送受信手段22、23または外部インターフェイスにより読込み可能なデータ読込み手段7と、データ読込み手段7が読込んだ制御データを、各対応機器Sの動作に関連付けて記憶する記憶手段9と、機内の動作制御を行う制御手段7とを備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):