(54)【考案の名称】簡易移動装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、従来にはないコンセプトのレジャーカーやショッピングカー等として利用可能な簡易移動装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
歩行を補助する手段の代表的なものに車椅子がある。車椅子は、特許文献1等に示されるように、前輪2輪及び後輪2輪の計4輪によって車体を安定支持し、後輪には手で漕げるように径の大きいホイールが付帯しており、車体全体はワゴン車等に積んで移動できるように折り畳み可能とされているのが通例である。
【0003】
一方、自立歩行できる者は、一般にこのような車椅子を使用することはない。このような者の移動を助けるもののうち一般車両ほど大掛かりでないものとして、特許文献2等に示されるような電動式のカート等が市場に提供されている。これらは専ら屋外で使用されることを前提に作られ、車椅子等に比べると遥かに頑強で重厚なものになっている。

【効果】

【0019】
本考案の簡易移動装置は、以上説明した構成であるから、構造簡素にして軽量コンパクト化やデザイン化を追求することができるので、折り畳んで車のトランク等に容易に積み込み、出先で必要に応じて簡単に展開できるように構成して、健常者がレジャー施設やビルのフロアー等で気軽にレジャーカーあるいはショッピングカーとして利用できるようにした、軽快でファッション性を備えた従来にはない全く新しい乗り物として提供することが可能となる。

(57)【要約】

【課題】屋外カートや車椅子ほど大げさではなく、簡易かつコンパクトに折り畳め、しかも軽量であって、自立歩行できる者が出先に持ち出して自走式室内カー等として簡易に利用できるようにした、従来の何れの乗り物の範疇にも属さない簡易移動装置を提供する。【解決手段】一つの前輪2と二つの後輪3との計3輪で車体1を支持するように構成する。その際、車体1は折り畳み機構4を備えて折り畳み可能とし、前輪2は折り畳み機構4の一部を構成する接続部43を介して車体1に取り付ける。この状態で前輪2が、車体1の折り畳み動作を妨げない状態で車体1の幅方向中央部に操舵可能に配置されるようにした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):