(54)【考案の名称】バドミントン用ハンディスコアカウンター

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、主にバドミントンのゲーム等で用いる可搬型のスコアカウンターに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来からバドミントンのスコアの記録にはスコアシートが用いられている。しかし、練習などのゲームにおいてスコアシートでは様々な不便があるため人間の記憶によるカウントが行われており、ゲームに集中しきれないことがあった。

【効果】

【0005】
本考案によれば、一の位の得点表示ダイヤルと十の位の得点表示ダイヤルを別にすることによって適度な文字の大きさを確保でき、その得点表示ダイヤルを回す度に得点が加算され、セット数もカウントでき、ユーザーが記憶に頼ってカウントする必要がない。さらに、ユーザーが持ちながら、あるいはポケットに出し入れすることでプレーしながら利用することができるため、ユーザーが競技に集中することができ、競技力を向上させることに専念できるという効果がある。

(57)【要約】

【課題】 ユーザーが得点を容易に記録して正確な得点を忘れないようにし、主にバドミントンに使用する可搬型スコアカウンターを提供する。【解決手段】 前記スコアカウンターは一の位と十の位を別に印刷した二種類のダイヤルで適度な大きさの表示を確保した。また、獲得セットのカウントを1枚のダイヤルで表現した。本考案によれば、スコアシートをつけないようなゲームにおいて、記憶力に頼ることが多かったスコアカウントを容易に記憶し得る。そして、プレーヤーが持ちながら、あるいはポケットに出し入れしながら操作することが可能で、ユーザーが競技に集中することができるという効果がある。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):