(54)【考案の名称】左官用隅押さえ鏝

(73)【実用新案権者】株式会社カネシカ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図9

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は壁塗り仕上げ作業の最終作業となる、柱の際などの角張ったコーナー部分(以下、出隅部分)や入り組んだコーナー部分(以下、入り隅部分)をしっかり押さえることが出来、なおかつそれ以外の周りの壁に押さえ傷や引き傷を作らないで仕上げることが出来る左官用出隅ならびに入り隅用押さえ鏝を提供するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の壁塗り仕上げ作業用の左官用出隅ならびに入り隅用の隅押さえ鏝は、押さえ板に厚みが有り、なおかつ全面が強固に加工されていた。

【効果】

【0006】
本考案の左官用出隅用の隅押さえ鏝の効果を図3において説明すると、柄31の下部に柱脚32を固定してさらに、その先に強度のある内側押さえ板33を固定する。さらにその最先端部分に薄くて弾力性のある、外側押さえ板34を固定する。
その押さえ板34の押さえ板の左端部34aや押さえ板右端部34bは、弾力性があるので鏝を押さえる力が強すぎた場合でも、仕上げる出隅部分の壁面やその周りの壁に不用意な引っかき傷をつけることはない。
【0007】
同様に、本考案の左官用入り隅用の隅押さえ鏝の効果を図4において説明すると、柄41の下部に柱脚42を固定してさらに、その先に強度のある内側押さえ板48を固定する。さらにその最先端部分に薄くて弾力性のある、外側押さえ板44を固定する。
その押さえ板44の押さえ板の左端部44aや押さえ板右端部44bは、弾力性があるので鏝を押さえる力が強すぎた場合でも、仕上げる入り隅部分の壁面やその周りの壁に不用意な引っかき傷をつけることはない。
また、この左官用出隅ならびに入り隅用の隅押さえ鏝で、壁紙などに見られるような自然な風合いの壁面の隅を仕上げていく過程において、出隅部分であれば主に押さえ板34、また、入り隅部分であれば主に押さえ板44の中央部を使うので、出隅、入り隅以外の既に自然な風合いに仕上げられた壁面に対しては、不必要に押さえすぎる事もなく、連続した自然な風合いの凹凸状を温存したままムラ無く仕上げができる効果がある。
【0008】
さらに、上記理由から短時間の訓練で見栄えのする隅押さえ塗り作業が可能となる。
【0009】
さらに、上記理由から作業時間が飛躍的に短縮でき、効率的な作業が出来る。
【0010】
さらに、本考案は実施するに当り、特殊な加工工程も追加する材料も少ないので安価な製品化が可能となる。

(57)【要約】

【課題】 既存の左官用隅押さえ鏝は、押さえ板全体が変形しないようにするため丈夫に加工されており、壁塗りの仕上げ段階において隅を押さえて仕上げるとき隅以外の意図しない部分の壁に擦り傷、引き傷などを付けずに仕上げるには相当の熟練を必要としていた。さらに、壁紙のような自然な風合いの連続した凹凸の塗り壁の隅押さえ仕上げ作業には特に不向きであった。【解決手段】 左官用出隅用押さえ鏝では、押さえ板34の左右両端部34aおよび34bを、また、左官用入り隅用押さえ鏝では、押さえ板の左右両端部に弾力性を持たせる事で、初心者でも短時間の訓練で作業時間が飛躍的に短縮でき、効率的な見栄えのする壁塗り作業を可能にする。また、自然な風合いに仕上げる塗り壁の隅押さえも可能となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):