(54)【考案の名称】日よけ笠

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、強い日差しから頭部を守るための笠である。

【従来の技術】

【0002】
従来は、強い日差しから頭部守る物として、帽子及び傘はあるが、帽子の場合は頭部に空気が流れないために蒸れる、頭部は帽子で押さえられるために髪型がくずれる。
また傘の場合は手で持たなければならない。

【効果】

【0005】
頭部が蒸れない、笠と頭部の間に空気が通るために涼しい、髪型がくずれない、手に持たないで良いことから、効果がある。

(57)【要約】

【課題】強い日差しから頭部守る物として、帽子及び傘はあるが、帽子の場合は頭部に空気が流れないために蒸れる、頭部は帽子で押さえられるために髪型がくずれる。また傘の場合は手で持たなければならない。そこで蒸れない、頭部に空気が流れて涼しい、髪型がくずれない、笠を手で持たなくて良い日よけ笠を提供する。【解決手段】笠と頭部の間に空間を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):