(54)【考案の名称】ブーツクリップ

(73)【実用新案権者】有限会社桜井プレス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、左右一対の細長い支持棒部材を二股状に設けたブーツスタンド等とも称せられるブーツクリップに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、この種のものとして左右一対の細長い挟持用の棒部材の上部を連結して二股状に設け、この棒部材の下部をそれぞれ左右に向けて横向きに折り曲げて、さらに前記上部に環状の摘みを上方に向けて設け、棒部材をブーツの内底に向けて挿入することで、左右一対の棒部材によって左右一対のブーツの内側部を挟持させてブーツを立たせておくことができるものが知られている(例えば、特許文献1)。

【効果】

【0011】
請求項1の考案によれば、ブーツの上縁に棒部材の下部内面が当接したときに両者が突き当たるようなことはなく、下部内面をブーツに容易に押込むことができる。
【0012】
請求項2の考案によれば、摘みを摘むだけでなくその内側にある指掛け部に指を掛けることにより、摘みを確実に保持して棒部材をブーツに確実に押込むことができる。
【0013】
請求項3の考案によれば、ブーツの上縁に棒部材を押込むときに棒部材の下端とブーツの上縁とが局部的に接触することはなく、上縁を傷付けることはない。
【0014】
請求項4の考案によれば、棒部材をブーツに挿入したときに内面とブーツとは面接触することになり、ブーツの内面を傷付けるようなことをなくすことができる。
【0015】
請求項5の考案によれば、左右一対の棒部材間の弾発に伴う挟持力を強化して、確実にブーツを保持することができる。

(57)【要約】

【課題】棒部材を備えたブーツクリップにおいて、棒部材のブーツへの出し入れを容易に行うようにする。【解決手段】左右一対のブーツL,R内に別々に挿入される左右一対の縦向きな棒部材1,2の上部3を連結して二股状に設ける。棒部材1,2の下部内面4A,5Aをそれぞれ外側に向けて斜め下方に形成する。上部3に環状の摘み8を上方に向けて設けると共に、該環状の摘み8の内側に形成した中空部8Aの一部に指掛け部を設ける。下部内面4A,5Aの下縁6,7を水平に形成する。ブーツL,Rの上縁Eに下部4,5の下部内面4A,5Aが当接したときに両者が突き当たるようなことはなく、左右一対の棒部材1,2を左右一対のブーツL,Rに容易に押込むことができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):