(54)【考案の名称】可動式フラップ付きファイル

(73)【実用新案権者】富美特企業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、書類の出し入れに便利な可動式フラップを有するドキュメントファイルの構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来のファイルに関しては、サラリーマンが書類を分類、携帯する際に抱える問題等、消費者の多様なニーズに応えたファイルの製造販売がすでに行われており、さらに利便性を追求したファイルの研究開発が続けられている。中華民国特許申請番号第93218852号の『ファイルの改良構造』は本考案の考案者が開発したファイル構造であり、複数の収納ポケットを設けることにより収納量を増やし、また、そのまま携帯することが可能な新規な設計のドキュメントバッグであり、消費者から多大な支持を受けている。
【0003】
しかしながら、前記のファイルにおいては収納体の上端に連接されたファイル閉蓋用の蓋体が、構造上、開蓋後も自然に閉蓋状態の位置に戻る性質があるため、開蓋状態を保つためには一方の手で蓋体を上方向(または後方)に向けて抑えた上で、もう一方の手で書類を取り出さなければならず、蓋体が邪魔になり書類の出し入れの際に多少の困難が生じていた。

【効果】

【0006】
以上の説明のように、本考案によれば、上下方向に滑動自在な蓋体を設け、蓋体を収納体開口部を覆わないようにスライドさせ、ファイルを全開状態にすることにより、収納された書類が片手でスムーズにすばやく出し入れできるようになる。

(57)【要約】

【課題】書類収納ファイルにおいて蓋となるフラップが邪魔にならず、片手でスムーズな書類の出し入れを可能とする。【解決手段】上部に収納開口部を有するファイル収納体10において、収納体の背面に左右対称となる切り抜き溝12を設け、該切り抜き溝に屈曲可能な薄い蓋体20の後面22の2箇所に止め具41を垂直に貫通してスライド可能に連結する。閉蓋するには、蓋の前面21を引き上げて蓋上面23が収納体の開口を塞ぐ位置にまで引き出してから収納体前面に向けて折畳み、その先端の止め具をロックする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):