(54)【考案の名称】自転車用折畳装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、特に使用寿命長く、且つ使い易い自転車用折畳装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
図8に示すように、従来の折畳式自転車は、前フレーム(60)と後フレーム(70)とを有し、該前フレーム(60)と後フレーム(70)に夫々互いに対応する上パイプ(61)(71)が設けられ、これらの上パイプ(61)(71)の間に折畳装置(80)が設けられ、該折畳装置(80)は、二つの接合ブロック(81)(82)を備え、該接合ブロック(81)(82)の一側が互いに枢設されると共に、他側に互いに対応する貫通孔(符号なし)が形成され、該貫通孔に互いに螺合するボルト(90)とナット(91)が設けられることにより、該接合ブロック(81)(82)を緊密に接合させる。前記上パイプ(61)(71)が夫々接合ブロック(81)(82)に固定されると共に、該折畳装置によって互いに枢設されることにより、前フレーム(60)と後フレーム(70)は互いに折畳することができる。

【効果】

【0009】
本考案は上記の課題を解決するものであり、夫々前フレームと後フレームの上パイプと連接する第1ブロックと第2ブロックが設けられ、該第1ブロックと第2ブロックに着脱可能な掛止部材とスプリングが設けられることにより、工具を使用せずに、簡単に前フレームと後フレームを折畳することができる。

(57)【要約】

【課題】使用寿命長く、且つ使い易い自転車用折畳装置を提供する。【解決手段】第1ブロック10は、連接パイプ11と一端に設けられる接合リング12を有し、接合リングの一側に枢設部121が設けられると共に、他側に突出部122が設けられ、突出部の内部に枢設ピン14によって掛止部材が枢設され、掛止部材の両端が夫々突出部の両端から延出し、連接パイプと反対する掛止部材の一端と突出部との間にスプリングが設けられ、第2ブロック20は、連接パイプの一端に設けられると共に、第1ブロックの接合リング12と接合可能な接合リング22を有し、接合リング12の一側に第1ブロックの枢設部と枢設可能な枢設部が設けられると共に、他側に第1ブロックの突出部と対応する突出部が設けられ、掛止部材の一端が第2ブロックの突出部に着脱され、第1ブロックと第2ブロックの枢設部が枢軸30によって枢設されることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):