(54)【考案の名称】タイルブロック

(73)【実用新案権者】有限会社四宮企画

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、例えば、歩道、車庫、土間等に使用されるタイルブロックに関する。

【従来の技術】

【0002】
例えば、歩道、車庫、土間等の表面をタイルブロックを敷き詰めて構成する場合がある。

【効果】

【0006】
本考案のタイルブロックによれば、平面視正多角形の正多角柱体からなり、その柱体の平面視多角形の各隅部近傍に縦方向に穿孔された貫通孔内に、粉末状の竹炭とバインダとを混練して形成した空気清浄化、及び通気、通水機能を備える竹炭混練物を充填して一体化したことから、例えば、歩道、車庫、土間等に使用された際に空気清浄化機能や通気、通水機能を発揮できる。また、敷き詰められた際には、平面視正多角形の外形輪郭による連続模様と、平面視正多角形の隅部に形成される竹炭混練物による複数のドット模様と、が同時に形成されて、独特な意匠感を得ることができる。

(57)【要約】

【課題】空気清浄及び通気、通水機能を兼ね備えたタイルブロックを提供することにある。【解決手段】平面視正多角形の正多角柱体(12)からなり、その柱体の平面視多角形の各隅部近傍に縦方向に穿孔された貫通孔14内に、粉末状の竹炭とバインダとを混練して形成した空気清浄化、及び通気、通水機能を備える竹炭混練物16を充填して一体化したタイルブロック10から構成される。タイルブロック10の竹炭混練物16部分により空気清浄化機能や通気、通水機能を発揮できる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):