(54)【考案の名称】チェックシート

(73)【実用新案権者】アクサ生命保険株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は内部に報告書等の文書等を挿入して記載内容をチェックするチェックシートに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、例えば保険契約等では、保険会社及び契約内容によって必要事項が決められている。そして、保険契約を締結する場合には、当該契約会社の代理店営業員等が、保険契約が適当であるかどうかについて取り扱い報告書を作成し、取り扱い報告書の所定の記入欄に保険契約者や被保険者等の名前を記入したり、重要事項等の記入を求めたりしていた。そのため、代理店営業員は契約する保険契約の内容や契約書の記入事項等に習熟している必要があった。

【効果】

【0008】
本考案のチェックシートによれば、必要事項を確認する透明欄と、不透明欄に記載された注意事項を確認することにより、文書の内容や記入事項等に十分に習熟していなくても、文書の必要事項の記入チェックを行うことができる。
【0009】
また、本考案のチェックシートによれば、一対の樹脂シートが位置決め部を有するので、文書を素早く挿入してチェックを行うことができる。
【0010】
更に、本考案の他のチェックシートによれば、チェック中に薄色遮蔽部を通して文書の記載事項を確認でき、濃色遮蔽部では文書の記載事項が目に入らないので、チェックを行いやすい。

(57)【要約】

【課題】文書の内容や記入事項等に十分に習熟していなくても、文書の必要事項の記入チェックを行うことができるチェックシートを提供する。【解決手段】チェックシート1は、表面シート2aと裏面シート2bの長辺部1aを貼り合わせたものであり、報告書3の角部4を一致させて挿入可能とする位置決め部4と、表面シート2aに設けられて報告書3の記載事項の目視判読を妨げる遮蔽部5と、遮蔽部5中の所定の位置に設けられて報告書3の記載事項を目視可能とさせる1以上の透明欄8〜18と、透明欄8〜18の近傍に設けられて報告書3の記載事項を確認する際に目視する不透明欄22〜27とを有するものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):