(54)【考案の名称】フローティングチャック

(73)【実用新案権者】株式会社カワタテック

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、複数の各把持爪が加工物の形状に合わせて掴めるよう、各爪が微調節して働き、加工物が把持爪の力により変形しないで把持されるため、加工終了後に取り外しても、加工物の変形が少なくするフローティングチャックに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、3爪チャック又は6爪チャック又は多爪チャックがあるが、3爪チャックの場合は、三点に力が集中して加工物が変形する。(例えば、特許文献1及び特許文献2)又、6爪チャック又は多数爪チャックでは、加工物が変形している場合、加工物を把持に参加する適個の爪のみで把持し、残りの非把持の爪は加工物を把持しない場合がある。(例えば、特許文献3)このようなチャックでは、取り外した場合に加工物が元に戻り、加工した時と真円度が異なる欠点がある。
【0003】

【効果】

【0013】
加工に係る加工物Aがしばしば変形している場合があるが、各伝達移動体3の動きがレバー7によって各把持爪部9、9を微調整させ、加工物Aの形状の変形量に合わせた把持力にて把持することになるから、加工物Aを変形を最小とすることができる。

(57)【要約】

【課題】複数の各把持爪が加工物の形状に合わせて掴めるよう、各爪が微調節して働き、加工物が把持爪の力により変形しないで把持されるため、加工終了後に取り外しても、加工物の変形が少なくするフローティングチャックを提供する。【解決手段】チャック本体と、チャック本体には、一個のドローリングと、複数個の伝達移動体と、複数個の把持爪部とが装着されてなるチャックにおいて、ドローリングの周縁部に設けられた傾斜溝内に、伝達移動体の先端傾斜部が遊嵌すると共に、各伝達移動体を挟んで一対の把持爪部が形成されると共に、チャック本体に軸支される二個のレバーの一端部は把持爪部に設けられた保持溝に保持されると共に、レバーの他端部は伝達移動体に形成されたコマ溝部に遊挿した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):