(54)【考案の名称】扇子状広告媒体

(73)【実用新案権者】株式会社リンクス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、広告等を表示し、本体部に対して左右の翼部を引き出して使用し、収納して携帯できる扇子状広告媒体に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、扇子を複数の開閉部材で構成したものとして、複数の開閉部材と、これら開閉部材を回動支点側で回動可能に連結する回動連結手段と開閉部材から切り起こされた係止片と、前記開閉部材の中間部に形成されて前記係止片を挿入させて摺動自在に係止させるスリットを備えた引き出し機構が提案されている(特許文献1参照)。
【0003】

【効果】

【0011】
この考案の扇子状広告媒体によれば、右側翼部および左側翼部とを本体部より引き出したとき、右側翼部係止部が前記本体部右側係止部と、左側翼部係止部が本体部左側係止部と係合して外れることなく扇子状として使用でき、また本体部に右側翼部および左側翼部を収納して携帯することができるので便利である。この本体部と右側翼部および左側翼部は表側、裏側が平面であり、扇面の表裏に文字、図柄、写真、広告等を簡単に印刷することができる。薄板状材料だけで、扇子状広告媒体を作成でき、軽量かつ安価に提供できる。
【0012】
この考案の扇子状広告媒体によれば、前記表側本体部および前記裏側本体部は、略三角形状であり、前記右側翼部および前記左側翼部は、前記略三角形状に対応した略三角形状となっているから、右側翼部および左側翼部を本体部内に収納することができ、携帯に便利である。
【0013】
この考案の扇子状広告媒体によれば、右側翼部および左側翼部を本体部から引き出して扇子状に開くとき、右側翼部および左側翼部の係止部が本体部の係止部に係合するまで引き出されるので、右側翼部および左側翼部が本体部より外れることなく広げることができる。右側翼部および左側翼部の係止部が本体部の係止部に係合して重なる部分が扇子の骨の役割をして右側翼部および左側翼部を開いて扇ぐとき折れ曲がることを防止できる。
【0014】
この考案の扇子状広告媒体によれば、前記右側翼部は、右上端部に前記本体部への収納時に前記折り目の右側端部もしくはその内面と当接する突出部を備え、前記左側翼部は、左上端部に前記本体部への収納時に前記折り目の左側端部もしくはその内面と当接する突出部を備え、右側翼部および左側翼部を本体部に収納して閉じるとき突出部が本体部の内面に接して止まり、右側翼部および左側翼部を本体部に納めて携帯できるので、使い勝手がよい。
【0015】
また、この考案の扇子状広告媒体によれば、表面側本体部の保持部に設けた舌状長片と舌状短辺片とを前記右側翼部および前記左側翼部の挿通孔に挿入し、裏面側本体部の差し込み孔に係止することにより簡単に軸部を構成でき、本体部と右側翼部および左側翼部を下部において開閉可能に軸支できる。

(57)【要約】

【課題】広告等を表示でき、右側翼部および左側翼部とを扇状に引き出して受け止めて使用でき、かつ本体部内に収めて携帯できる。【解決手段】広告を表示可能な本体部1と、本体部内に収納かつ引き出し可能で、広告を表示可能な右側翼部2および左側翼部3とを備える扇子状広告媒体で、前記本体部1は、上端の折り目4で折り曲げて重合した表側本体部5および裏側本体部6と、前記翼部を出し入れする右側開口部7と左側開口部8と、前記右側開口部の本体部右側係止部9と、前記左側開口部の本体部左側係止部10と、下部の前記翼部を回動可能に軸支する軸部12とを有し、前記右側翼部2と左側翼部3は、前記本体部内に収納可能で、右側翼部2が本体部1より引き出された時に前記本体部右側または左側の係止部9、10と係合する翼部係止部20、30を備え、前記軸部12に軸支されている扇子状広告媒体。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):