(54)【考案の名称】太陽光発電用アップスライダーモール式

(51)【国際特許分類】

H01L 31/042

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、従来の固定した受光パネル用架台に、増架するための可動パネル用フレ−ム及び受光パネルをスライドさせる。即ち、受光面積を倍増以上とするソ−ラ−システムに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
ソ−ラ−発電設備は概ね建物屋根等の構造物への設置が多く、街路灯・交通信号点滅灯等の単体設置に限られている。その他、利用方法に付いて広く応用がされていない。即ち固定した受光パネル用架台等の設置のみにとどまっている。

【効果】

【0005】
今回の考案を汎用し拡大される事で、環境に優しいエコシステム向上の一環としても、自然エネルギ−を最大限に利用する事により、省エネとなり地球温暖化対策及びその抑制に役立つ事となる。本発明は、無限大の自然を極力利用して、受光パネル面積を増加して、システム汎用の拡大が出来れば、下記の効果が増大する。
a 受光パネルの安価、安定、安全性を増大
b 設置スペ−ス選択の自由と拡大
c ランニングコスト&イニシャルコストの低下
d 受光効率のアップによりト−タルコストの低下
e 受光パネル等生産コストの低下・設備費の圧縮・償却年数の短縮が可能
上述の様に、本考案の増架用スライドフレ−ムソ−ラ−パネルを単独ポ−ル等の他に、従来タイプとの合体の設置により、発電量の増加と受光効率のアップ・ト−タルコストの低減が図れるものとして役立つものである。
アップスライダ−モ−ル式は、送風換気・日照時間調整等が必要とする農園事業・養魚場・サンル−フデッキ・各種コ−ト場等のフエンス占有個所及び、ビニ−ルハウス栽培等に関係する諸事業において、日照時間帯と日照遮光時間帯等の切替えをアップスライダ−モ−ル式の利用法により、効率的に活用出来る事も可能となり又、これにより得た省エネ省人化と発生電力を100%栽培システムに採り込むことでその効果は一石三鳥となるのである。

(57)【要約】

【課題】ワンタッチ方式による連続ユニットシステムを安全かつ簡易的にベランダの他屋外手摺・地上・屋上ポ−ル等、空間スペ−スを充二分に有効活用して設置し受光効率を高める。【解決手段】単独ポ−ル等の安全と安価で安定性を第一としたユニットタイプによる組立て式を主とした、スライド・ノ−ト・一括UP式等の増架用フレ−ム、の低コスト化とスピ−ド設置且つ、日照時と日没時との簡単なチェンジを可能とする。即ち、日照条件、さえ適えればベランダ・単独ポ−ル等、狭隘なスペ−スでも簡易的に設置可能なユニットシステム等を基本として増架をし易く考えた、パネル用等の施設化により受光面積が倍増以上となり受光効率を高める。従ってト−タルコストの一層のダウンが図られるものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):