(54)【考案の名称】コンセント用防塵カバー

(73)【実用新案権者】喬日電業股▼分▲有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、特に塵埃がコンセントの差込口から内部へ入らないコンセント用防塵カバーに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
一般のコンセントは、壁に設けられる端子と、該端子をカバーすると共に、壁の表面に設置されるカバーを有し、該カバーには壁の表面から端子へ通じる2つの差込口が設けられる。また、前記コンセントに対応する一般のプラグは1対のブレードを有し、該コンセントを使用する時は、該プラグのブレードを該差込口に挿入することにより、端子と電気接続する。しかし、床付近や屋外など塵埃の多い環境に設置されるコンセントは、塵埃が該差込口から内部へ入ってしまうと、故障につながる恐れがある。
【0003】
図6及び図7に示すように、従来のコンセント用防塵カバーは、カバー本体(90)とカバー本体(90)の裏側に設けられる防塵ブロック(91)を備え、その内、該カバー本体(90)は2つの差込口(903)を有すると共に、その裏側に収容部(901)が形成され、該収容部(901)における、該2つの差込口(903)の周囲に位置決めフレーム(904)が設けられ、該2つの差込口(903)の間に当接部材(902)が設けられる。
【0004】
前記防塵ブロック(91)は、2つのプレート(913)と2つの連結部材(914)とからなり、該2つのプレート(913)の上部に夫々同一方向に傾斜する1つの斜面(912)が設けられ、該2つのプレート(913)は、前記位置決めフレーム(904)内において平行に設けられると共に、各プレート(913)の斜面(912)は夫々前記差込口(903)の裏側に位置する。また、一方のプレート(913)の両端部は、夫々他方のプレート(913)の両端部に対応し、該2つの連結部材(914)の端部は、夫々一方のプレート(913)と他方のプレート(913)に連結されている。
【0005】
さらに、前記一方のプレート(913)には、当接部材(902)に対応する固定部材(911)が設けられ、該固定部材(911)と該当接部材(902)の間に、例えばゴムやスプリングなどの弾性部材(92)が設けられる。
【0006】
前記の構造によれば、コンセントを使用していない時は、プレート(913)が常にカバー本体(90)における差込口(903)の裏側を遮蔽することにより、防塵効果を発揮する。一方、図8及び図9に示すように、プラグのブレード(図示せず)を前記差込口(903)に挿入する時は、該ブレードがプレート(913)の斜面(912)に接触して、該2つのプレート(913)と2つの連結部材(914)を移動させることにより、ブレードが端子(図示せず)に電気接続される。

【効果】

【0012】
本考案は上記の課題を解決するものであり、カバー本体の裏側及び位置決めフレームと、2つの防塵プレートとが摩擦するだけであるので、摩擦力を大幅に低減することにより、優れた利便性を有するコンセント用防塵カバーを提供する。

(57)【要約】

【課題】 塵埃がコンセントの差込口から内部へ入るのを防止すると共に、移動時に生じる摩擦力を大幅に低減するコンセント用防塵カバーを提供する。【解決手段】 カバー本体と、該カバー本体の裏側に設置される2つの防塵プレートと、該2つの防塵プレートの間に設置される弾性部材とを備え、前記カバー本体は、2つの差込口を有すると共に、該カバー本体の裏側に収容部が形成され、該収容部における該2つの差込口の近傍に位置決めフレームが設けられ、また、前記2つの防塵プレートは、位置決めフレーム内に互いに平行に設けられ、該各防塵プレートの上部にそれぞれ中央から外側下方へ傾斜する斜面が形成され、該各斜面は夫々前記差込口の裏側に位置し、更に、該2つの防塵プレートの相対する側面には夫々対応し合う固定部材が設けられ、それら互いに対応する固定部材の間には弾性部材が取り付けられることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):