(54)【考案の名称】電源スイッチの押ボタン取付構造

(73)【実用新案権者】船井電機株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電源のON/OFF操作を行う押ボタンの電源スイッチへの取付構造に関するものであり、特に、電子機器のキャビネット内から外側に突出するなどして配置される押ボタンの取付構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、電源スイッチのシャフトが挿入される押ボタンと、電源スイッチとの間に係合機構を設けて押ボタンをシャフトに対して強固に取付けるようにした電源スイッチ装置が提案されている。
【0003】
例えば、特許文献1には、押ボタンのベースとなる基部の後部に電源スイッチの嵌合凸部(シャフト)が挿入される角筒状の嵌合凹部を一体に設け、この嵌合凹部の後部一端に電源スイッチの本体に一体に設けられた係合突起と係合する孔を有する係合部を一体に設けたものが開示されている。
【0004】
また、特許文献2は、軟質合成樹脂の弾性材から成るキャップ(押ボタン)の開口部に内側に突出するつば部(フック部)を一体に設け、電源スイッチの軸部(シャフト)の一端部につば部が係合する溝を設けたものが開示されている。この構成で、キャップのつば部をシャフトの先端に押し当て、キャップを軸方向に強く押し込むと、キャップのつば部が押し広がり、さらにキャップを押し込むことにより、キャップのつば部がシャフトの溝に係合する。
【0005】
また、特許文献3には、キャップ(押ボタン)の内部に取付けられるツマミ本体の中央の背面に形成した嵌合筒にツマミ装置(電源スイッチ)のシャフトを連結するものが開示されている。ツマミ本体の2箇所には、キャップの内側の2箇所に凸設されたガイド棒と係合される切欠部が設けられ、この切欠部にキャップのガイド棒を挿通するようにして嵌入し、ガイド棒の先端に止め輪を圧入することによりツマミ本体がキャップ内において移動可能となるように取付けられている。

【効果】

【0014】
請求項1に記載された電源スイッチの押ボタン取付構造によると、押ボタンの嵌合筒の上壁及び下壁により電源スイッチのシャフトが挟持されるとともに、嵌合筒のフック部がシャフトの溝に係合されるため、押ボタンの取付けを確実に行うことができる。
【0015】
また、嵌合筒の上下方向の撓みを生じやすくなるため、押ボタンの取付け時に押ボタンが破損する危険性がなくなり、安全に取付けることができるようになる。
【0016】
さらに、シャフトの嵌合筒への圧入は小さな力で行える反面、シャフトの引抜きには大きな力を要する。従って、取付けやすく外れにくい押ボタン取付構造を実現することができる。もっともシャフトの溝が嵌合筒のフック部の急勾配の係合面を乗り越えるだけの力を加えてシャフトを引き抜けば、押ボタンは外れるため、押ボタンの交換や電源スイッチの修理・交換等にも対応することができる。
【0017】
請求項2に記載された電源スイッチの押ボタン取付構造によると、押ボタンの嵌合筒の上壁及び下壁により電源スイッチのシャフトが挟持されるとともに、嵌合筒のフック部がシャフトの溝に係合されるため、押ボタンの取付けを確実に行うことができる。
【0018】
請求項3に記載された電源スイッチの押ボタン取付構造によると、嵌合筒の上下方向の撓みを生じやすくなるため、押ボタンの取付け時に押ボタンが破損する危険性がなくなり、安全に取付けることができるようになる。
【0019】
請求項4に記載された電源スイッチの押ボタン取付構造によると、シャフトの嵌合筒への圧入は小さな力で行える反面、シャフトの引抜きには大きな力を要する。従って、取付けやすく外れにくい押ボタン取付構造を実現することができる。もっともシャフトの溝が嵌合筒のフック部の急勾配の係合面を乗り越えるだけの力を加えてシャフトを引き抜けば、押ボタンは外れるため、押ボタンの交換や電源スイッチの修理・交換等にも対応することができる。

(57)【要約】

【課題】押ボタンの取付けを確実、かつ、安全に行うことができ、押ボタンが外れにくい電源スイッチの押ボタン取付構造を低コストに提供する。【解決手段】電源のON/OFF操作時に押動される押ボタン10と、押ボタン10の背面中央にシャフト24が嵌合される角筒状の嵌合筒13を一体に形成し、嵌合筒13の両側壁に切れ目14、15を設けて嵌合筒13に弾力性を持たせるとともに、嵌合筒13の上壁13a及び下壁13dの内面に溝24bに係合されるフック部16、17を設け、シャフト24を嵌合筒13に圧入して嵌合させることにより、嵌合筒13の上壁13a及び下壁13dによりシャフト24が挟持されるとともに、フック部16、17が溝24bに係合される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):