(54)【考案の名称】シール付き名刺

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【従来の技術】

【0002】
従来の名刺は受け取った人が、住所録や電話帳などに手書きで書き写すか、スキャナーで読み取りパソコンなどに保存整理している。
また、名刺を営業用のパンフレットなどにクリップなどで挟みとめて担当者であることをアピールしている。

【効果】

【0007】
本考案のシール付き名刺は住所録や電話帳に簡単に転記ができ、印刷された文字は手書き文字より小さくても解読できできるので小スペースで保存整理ができる利点があり、パンフレットなどに貼り付ければ剥がれ落ちることもない利点がある。

(57)【要約】

【課題】名刺を受け取った側が手書きで住所録や電話帳に書き写すことなく簡単に名刺の情報を転記し保存整理ができ、パンフレットなどの営業用資料にも名刺に記載した同じ情報を簡単に添付できる名刺にする。【解決手段】名刺裏面の一部分または全面をシールにし、このシール部分にあらかじめ表面記載と同じの社名、住所、氏名、電話番号などの情報を印刷しておくことで住所録や電話帳などに転記し保存整理を行うときに手書きで書き写すことなくシールを名刺裏面から剥がし住所録や電話帳などに貼り付けることで簡単に転記を行うことができる。シール部分を剥がして住所録や電貼るだけで簡単に転記ができ、パンフレットなどの営業用資料に貼り付けることで脱落することなく簡単、確実に添付することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):