(54)【考案の名称】アンテナ基台用ラジアル板

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、アンテナ基台に取り付けて使用するラジアル板に関する。

【従来の技術】

【0002】
クランプ方式の取り付け方法を採用するアンテナ基台を取り付ける場合において、同基台と被取り付け部の間に、良好なラジアル効果を得るためにネジ止め方式が取られていた。

【効果】

【0006】
アンテナ基台の取り付けネジを締め込むと、同ネジがラジアル板と導通してラジアル回路を得ることが出来る。
【0007】
アンテナ基台取り付けネジが、ラジアル板を介して被取付け部に接することで、ネジと被取付け部の直接接触を防ぐことができる。

(57)【要約】

【課題】本考案はアンテナ基台において使用し、アンテナに高周波ラジアル回路を設けるためのラジアル板に関するものである。【解決手段】ネジで被取り付け部に固定するクランプ方式のアンテナ取り付け基台の取付け部において、金属など導体製のラジアル板をアンテナ基台の被取付け部とアンテナ基台取付け部の間に挿入して、ラジアル板と被取り付け部を同一の基台取り付けネジによりしめこむことで、アンテナ基台、アンテナ基台取り付けネジ、ラジアル板とつながる高周波回路が形成される。このときのラジアル板がラジアル回路として動作する。また、このときラジアル板とアンテナ基台の被取付け部の間や、ラジアル板と大地の間等が静電結合による結合が行われる。これにより空中線回路におけるラジアル回路が形成される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):