(54)【考案の名称】伸展及び角度調整可能な太陽エネルギー充電器。

(73)【実用新案権者】祥業科技股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽エネルギー充電器に関するものであり、とりわけ太陽エネルギー収集パネルが充電台上から外向きに必要な位置及び角度まで伸展することができ、比較的良好な吸光位置で太陽放射光エネルギーを収集するものを目指す。

【従来の技術】

【0002】
現在の各種ポータブル電子製品について述べる。例えば、MP3、個人用携帯情報端末(PDA)、ノート型コンピュータ(Notebook
Computer)、電子辞書、デジタルカメラ等にとっては、電池はなくてはならない備品であり、繰り返し充電して使用可能な二次電池により経済性を有し、かつ環境保護の要請にも合致する給電方式であるため、その使用は日増しに普及してきている。
【0003】
一般に、二次電池に対して充電するには、充電器(Battery Charger)を用いることが必要だが、従来の充電器は室内の住宅用電気を変圧器によって一定の電圧レベルに変換した充電電源により、二次電池に対して充電を行う。しかし、もし外出先で充電電源を得ることができなければ、当該充電器は無用の長物と化し、使用者にとっては不便この上ない。
【0004】
次に、電気エネルギーがますます欠乏していく中、コストも一層高まってきているため、使用しても尽きることのない太陽エネルギーが次第に研究開発の対象とされるようになった。第一・二図で示したのは台湾第M294155号特許の立体図であり、太陽エネルギーパネル充電器(10)を示している。その主な構造は当該充電台(11)上に、ピボット部品(13)で連結された太陽エネルギーパネル(12)を有し、当該太陽エネルギーパネル(12)が開閉できる状態になっている。しかし、この種の開閉式太陽エネルギーパネル(12)は、上または周囲方向へ延伸することができないため、使用の際に比較的良好な方位を得ることができず、また当該太陽エネルギーパネル(12)は当該ピボット部品(13)のみを回転軸とするため、開くのは一定の角度(θ)だけであり、水平または傾斜して延伸し、その吸光位置及び光に対する仰角を調整することができない。太陽エネルギーパネル(12)のエネルギー変換効率(Energy
Conversion Efficiency)は入力される太陽放射光エネルギーと太陽エネルギーパネル端子上に出力される電気エネルギーのパーセンテージであるため、もし太陽エネルギーパネルの入射光スペクトルが変わった場合、効率も変化する。したがって同一の太陽の下で、当該太陽エネルギーパネルを比較的良好な吸光位置及び仰角に調節することができれば、優れたエネルギー変換効率がもたらされる。
【0005】
この他、慣用太陽エネルギー充電器(10)のもうひとつの欠点は、当該太陽エネルギーパネル(12)が当該充電台(11)と連結され、太陽エネルギーパネル(12)が太陽に照射されると、充電台(11)内に置かれた二次電池(14)も同時に太陽光に直接照射され、ニッケルカドミウム、ニッケル水素またはリチウム電池等、どの二次電池(14)であっても、その周辺温度上昇時には、電池容量が減少する。さらに、充電台全体が強い太陽光に長時間さらされると、内部充電回路が破損しやすくなり、その使用寿命と安全性に影響を与える。

(57)【要約】

【課題】使用寿命・安全性を向上させた伸展及び角度調整可能な太陽エネルギー充電器を提供する。【解決手段】表面に充電ホルダを有し、二次電池を入れて充電することができ、内部に充電制御回路を有する充電台。太陽電池及び当該太陽電池の位置付けをする基板を備えた太陽エネルギー収集パネル。電気伝導材料からなり、平行に設置され、底部に第一ピンジョイント部を形成し、夫々が当該充電台の充電制御回路のプラス・マイナス端子とピンジョイント及び伝導状態を形成し、頂部に第二ピンジョイント部を形成し、夫々が当該太陽エネルギー収集パネルのプラス・マイナス極片とピンジョイント及び伝導状態になり、当該太陽エネルギー収集パネルを通常は当該充電台表面に水平に収納し、使用時には当該エクステンション部品によって上、周辺方向に伸び広がることができ、当該第一・二ピンジョイント部によってその吸光位置及び光に対する仰角を調整するエクステンション部品。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):