(54)【考案の名称】絵ハガキとして利用できるカレンダー

(73)【実用新案権者】株式会社岡商店

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、絵ハガキとして利用できるカレンダーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の一般的な懸垂型の月めくりのカレンダーは、各月が過ぎる毎に同月を表示するカレンダー用紙を切り離し、次月を表示するカレンダー用紙を露出させて使用するようにした構成である。
【0003】
このようなカレンダーには、絵画や写真等、意匠性の高い意匠絵柄が施されているものが多いが、各表示月が終わる毎に切り離された各カレンダー用紙には他に利用用途が無く、せっかくの意匠絵柄が短期間しか活用されず破棄されているという状態であった。
【0004】
そこで、各カレンダー用紙に施された意匠絵柄の部分を囲うように、郵便ハガキの規定サイズに準じたサイズでミシン目を枠状に施し、同ミシン目に従って切り抜くことによりカレンダーの意匠絵柄を絵ハガキとして使用できるようにした絵ハガキとして利用できるカレンダーが提案されている。(例えば、特許文献1参照。)

【効果】

【0011】
請求項1記載の本考案では、カレンダー用紙の一面側に、意匠絵柄欄と、カレンダー表示欄とを備え、他面側に、前記意匠絵柄欄の裏側に位置させた宛先記載欄と、前記カレンダー表示欄の裏側に位置させたメッセージ記載欄と、前記宛先記載欄と前記メッセージ記載欄との間に紙面を横断させて設けた折指示線と、を備えた絵ハガキとして利用できるカレンダーであって、前記カレンダー用紙は、前記折指示線に従って前記カレンダー表示欄が内側となるように折り曲げることによって、前記意匠絵柄の少なくとも一部を露出させながら前記カレンダー表示欄を被覆し、ハガキの規定サイズに変形可能としたことを特徴としたため、本来なら破棄されるような使用済みのカレンダー用紙をハガキへと変形することが可能であるし、カレンダーとして使用する際はメッセージ記載欄をカレンダー表面に露出させる事無く、ハガキへ変形する際は折指示線にてカレンダー用紙を折り曲げることでメッセージ記載欄を宛先記載欄とは逆面のハガキの裏面に位置させる事ができ、メッセージ記載欄をハガキ紙面において効果的に配置させることができて紙面を有効に活用した構成の絵ハガキを形成することができる。
【0012】
また、請求項2記載の本考案では、前前記カレンダー用紙は、その他面側の端部に、切除可能なスペース部を備えたことを特徴としたため、カレンダー用紙は、その紙面においてカレンダー表示欄を大きく位置させたとしても、このスペース部の幅を調節することで、折指示線にて折り曲げてハガキの略規定サイズに変形可能な大きさとする事ができて、ハガキへの変形時にメッセージ記載欄を確実にハガキの裏面に位置させる事ができて、メッセージ記載欄をハガキ紙面において効果的に配置させることができて紙面を有効に活用した構成の絵ハガキを形成することができる。
【0013】
また、請求項3記載の本考案では、前記メッセージ記載欄は、前記カレンダー用紙を前記折指示線に従って前記カレンダー表示欄が内側となるように折り曲げたとき、前記意匠絵柄欄と組み合わさることで新たな意匠絵柄を形成する第2の意匠絵柄欄を備えることを特徴としたため、カレンダーとして使用する際に目にしていた意匠絵柄を用いながらも別の新たな意匠絵柄を備えた絵ハガキを形成することができて絵ハガキを送る楽しみを向上させる事ができるし、メッセージ記載欄を新たな意匠絵柄と共にハガキの裏面に位置させる事ができて、ハガキ両面のスペースを有効に活用することができる。

(57)【要約】

【課題】カレンダーとして使用する際はメッセージ記載欄をカレンダー表面に露出させる事無く、ハガキへと変形した際は、メッセージ記載欄をハガキの裏面に位置させて紙面を有効に活用した構成の絵ハガキを形成することができる、絵ハガキとして利用できるカレンダーを提供する。【解決手段】カレンダー用紙の一面側に、意匠絵柄欄と、カレンダー表示欄とを備え、他面側に、前記意匠絵柄欄の裏側に位置させた宛先記載欄と、前記カレンダー表示欄の裏側に位置させたメッセージ記載欄と、前記宛先記載欄と前記メッセージ記載欄との間に紙面を横断させて設けた折指示線と、を備えることとした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):