(54)【考案の名称】左官用角度可変式出隅押さえ鏝

(73)【実用新案権者】株式会社カネシカ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は壁塗り仕上げ作業の最終作業となる壁面の角張ったコーナー部分(以下、出隅部分)の仕上げについて壁の出隅部分の多様な角度に応じてその都度角度を調整し、柔軟に対応しながら、しっかり押さえることが出来、なおかつ周辺の壁に意図しない押さえ傷や引き傷を作らないで仕上げることが出来る左官用角度可変式出隅押さえ鏝を提供するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の壁塗り仕上げ作業用の左官用出隅押さえ鏝は、角度が固定された上になおかつ押さえ板全面が強固に加工されていた。

【効果】

【0006】
本考案の左官用角度可変式出隅押さえ鏝の効果を図3において説明すると柄31の下部に柱脚32を固定してさらに、その先に適度な強度を持たせた押さえ板を固定するための補強板33を固定する。
その補強板33に押さえ板35の35aを中央の折り曲げ部分にした片側平面部を固定する。さらにその押さえ板35のもう一方の平面部に別の補強板34を固定する。この事により、押さえ板35は、33と34の間の補強板の無い折り曲げ部35aに沿って任意に角度を調整し、押さえ板端面35bは図3断面図上では35aを中心として角度が自由に調整出来、その他の部分は補強板33と34の作用によって変形することなく、平面を保つ事が可能となる。
【0007】
上記理由から、本考案の左官用角度可変式出隅押さえ鏝は、仕上げる塗り壁の出隅部分の角度に左右される事なく、幅広い任意の角度に対応する事ができる効果がある。
また、この左官用角度可変式出隅押さえ鏝は押さえ板折り曲げ部35aで補強板が無く、かつ薄く弾力性があるので、鏝を押さえる力が強すぎた場合には35aを中心として押さえ板35の端面35bが開くことにより、周辺の壁を傷つけない効果がある。
【0008】
さらに、上記理由から短時間の訓練で、90度以上のいかなる出隅部分の角度に対しても任意の角度で見栄えのする隅押さえ塗り作業が可能となる。
【0009】
さらに、上記理由から作業時間が飛躍的に短縮でき、効率的な作業が出来る。
【0010】
さらに、当考案は実施するに当り、特殊な加工工程がないので安価な製品化が可能となる。

(57)【要約】

【課題】 既存の左官用出隅押さえ鏝は、押さえ板全体が変形しないようにするため、約90度の決められた角度で丈夫に加工されており、仕上げる壁の出隅部分の角度に対して柔軟性がなかった。また、壁塗りの仕上げ段階において壁の出隅部分を仕上げるときに、周辺の壁に意図しない擦り傷、引き傷などを付けずに仕上げるには相当の熟練を必要とした。【解決手段】 押さえ板折り曲げ部35aに弾力を持たせる事で、仕上げる壁の出隅部分の多様な角度に柔軟に対応でき、初心者でも短時間の訓練で見栄えのする壁塗り作業を可能にする。また、自然な風合いに仕上げる塗り壁の出隅部分の仕上げ作業に十分対応しうる左官用出隅押さえ鏝が可能となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):