(54)【考案の名称】木製左官鏝

(73)【実用新案権者】株式会社カネシカ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図6

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は短時間の訓練で自然な風合いの模様付け塗り壁仕上げを可能とする木製左官鏝を提供するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の木製左官鏝においては、壁面全体を均一な平面に仕上げる為の鏝であったため、その鏝板腹面23−2(以下、腹面23−2)は全て画一的な平面に加工されており、相当の熟練者でも均一な平面仕上げ(図1)または、うろこ状の仕上げ(図2)等限られていた。
また、素人がこれを使って塗り壁を自然な風合いに仕上げる事はほとんど不可能であった。

【効果】

【0006】
本考案の木製左官鏝の効果を図4において説明すると鏝の柄11の下部に柱脚12を固定してさらに、その先端に鏝板13を固定する。
その腹面13−2の腹面中央部13−2bの断面厚み方向の寸法を腹面左端部13−2aや腹面右端部13−2cの断面厚み方向の寸法よりも大きくする事で、壁材と腹面13−2との摩擦抵抗が大幅に減少し、左右に振りやすい構造となる。
【0007】
また、この木製左官鏝で壁材を塗っていく過程において、主に腹面中央部13−2bを使うので、仕上げられた面は、図3のような連続した自然な風合いの凹凸状にすることが出来る効果がある。
【0008】
さらに、上記理由から、短時間の訓練で熟練者と同等以上の見栄えのする自然な風合いの塗り壁仕上げ作業が可能となる。
【0009】
さらに、木製であり、かつ壁面と腹面13−2の左右両端(13−2a、13−2b)との摩擦抵抗が極めて少ないため、広範囲や長時間の模様付け塗り壁仕上げ作業が可能となる。
【0010】
さらに、本考案は実施するに当り、特殊な加工工程も追加する材料も必要としないので安価な製品化が可能となる。

(57)【要約】

【課題】既存の木製左官鏝は、図5のように腹面23−2が平面に加工されており、これを使いこなして見栄えのいい壁面に仕上げるには相当の熟練と長時間の作業を必要としていた。さらに、壁紙のような自然な風合いの模様付け塗り壁に仕上げることはできなかった。【解決手段】腹面13−2の中央部13−2bの断面厚み方向の寸法を腹面の両端部13−2aや13−2cのそれよりも大きくする事で、初心者でも自然な風合いの塗り壁に仕上げる事ができる木製左官鏝が可能となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):