(54)【考案の名称】表示ラベル及びその基布

(73)【実用新案権者】株式会社青山

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、衣類や寝具のような繊維製品に付される表示ラベル及びその基布に関する。

【従来の技術】

【0002】
表示ラベルは、繊維製品の品質や使用方法を表示し、また繊維製品が例えばレンタル用品の場合にはその使用者を特定する氏名、バーコード等を表示するために繊維製品に付される。
【0003】
従来、表示ラベルは矩形状の基布の一面に印刷を施してなり、前記基布は表示ラベルを繊維製品に接着するための感熱接着剤層が形成された他面を有する。
【0004】
表示ラベルは、通常、これにアイロンを当てて繊維製品に取り付けられる(アイロンプレス)ところ、その際に表示ラベルが動き、その取付予定位置からずれることがある。
【0005】
また、取り付け後の繊維製品の洗濯によって表示ラベルがそのコーナ部から剥がれることがある。

【効果】

【0009】
本考案によれば、表示ラベルの基布の感熱接着剤層上に複数の粘着剤層を形成したことから、この粘着剤層を介して、表示ラベルを前記繊維製品に一時的に接着、固定することができ、これにより、繊維製品への表示ラベルの取り付けの際におけるその取付位置からのずれを防止することができる。一時的に固定された表示ラベルは、互いに間隔をおいて配置された前記粘着剤層相互間から露出する前記感熱接着剤層を介して、繊維製品に堅固に取り付けることができる。
【0010】
また、全体に矩形状をなす表示ラベルの各コーナ部を角丸とするときは、コーナ部が角(直角)をなすものと比べて、繊維製品から表示ラベルが剥離しにくいものとすることができる。

(57)【要約】

【課題】繊維製品への取り付けの際にその取付位置に一時的に固定することができる表示ラベル及びその製造に供される基布を提供すること、及び洗濯により剥がれにくい表示ラベル及び基布を提供すること。【解決手段】表示ラベル用基布(12)は、印刷が施される一面と、感熱接着剤層(18)が形成された他面であって感熱接着剤層上に互いに間隔をおいて複数の粘着剤層(20)が形成された他面とを有する。表示ラベルは基布の一面に印刷を施してなる。基布及び表示ラベルは、全体に矩形の平面形状を有し、その各コーナ部が角丸をなす。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):