(54)【考案の名称】トライクの補助スイングアーム

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、オートバイの後輪を2つにしたトライクに改造するときに用いられる補強されたトライクのスイングアーム系の構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
トライクとは、前輪、後輪のどちらかを、製造時または改造により、車輪を2つにし、平面図では、2つの車輪を二等辺三角形の角にあたる部分に配置した構造である。オートバイのトライクは、基本的には既存の二輪車の後輪部分を改造し、左右の後輪としたものが一般的である。
【0003】
図4は、従来のトライクのスイングアームの斜視図である。オートバイをトライクに改装する際、左後輪6と右後輪7を繋ぎ、車体を支持するアクスル5に、スイングアーム2端部の左右の孔を挿通させる。
【0004】
スイングアーム2は、アクスル5に挿通する孔を有する左アーム2aと、右アーム2bと、左右アーム2a、2bのアクスル5の反挿通端部にピボット2cを回動可能に取り付け、ピボット2cを車体に回動可能に連結してなる。
【0005】
このようにしてなる従来のトライクは、例えば250ccクラスのスクーターでは、スイングアーム2及びピボット2cは、リンク式でラバーマウントされ、エンジンの振動や、路面からの振動を吸収するため、やわらかく動くよう構成されている。
【0006】
しかし、上述の改造によるトライクは、左右後輪6、7に、オートバイと違って、水平方向に力が大きく掛かり、また捻れが生じる。特に、旋回するとき、外側に傾き、スイングアーム2に大きな力が掛かり、スイングアーム2が壊れることがある。
【0007】
そこで、トライクのスイングアーム系及びサスペンション構造として、特許文献1の段落0022に、「左ロアアーム96の上部に設けた左ブラケット103,104に支軸105を介してスイング自在に取付けるとともに上方へ延ばしたほぼ直線状の左リンク106と、この左リンク106の上端に支軸107を介してスイング自在に連結した左ベルクランク108と、右ロアアーム98の上部に設けた右ブラケット111,112に支軸113を介してスイング自在に取付けるとともに上方へ延ばしたほぼ直線状の右リンク114と、この右リンク114の上端に支軸115を介してスイング自在に取付けた右ベルクランク116と、これらの左ベルクランク108及び右ベルクランク116をそれぞれ支軸117,118を介して連結するために車体フレーム11の後部に支軸119を介してスイング自在に取付けた左右連結部材121と、左ベルクランク108に設けた支軸123、右ベルクランク116に設けた支軸124間に渡した緩衝器125とからなる。」緩衝機構101が公開されている。

【効果】

【0011】
本考案は、以上の構成であるから以下の効果が得られる。スイングアーム2に掛かる力(水平方向の力、捻れ)が軽減され、耐久性のあるトライク用のスイングアーム系を安価、簡易に提供することができる。

(57)【要約】

【課題】本考案は、簡易な構造で、スイングアームの破壊を防止し、低コストでオートバイをトライクに改造するためのトライクのスイングアーム系を提供することを目的とするものである。【解決手段】トライクのスイングアームであって、アクスルに挿通する左リングを先端に有する左縦杆及び右リングを有する右縦杆、前記左右縦杆と水平に接続する上連結杆及び下連結杆、前記上下連結杆間であって左右縦杆と斜めに連結された筋交いよりなるリンクと、前記リンクの左縦杆の反アクスル側端部に回動可能に連結した左補強アーム、右縦杆の反アクスル側端部に回動可能に連結した右補強アーム、前記左右補強アームの反リンク側端部に連結する連結部材、前記連結部材とリンク連結端部との中間の左右補強アームに連結した中支持部材によりなる補強スイングアームとからなることを特徴とする補助スイングアームの構成とした。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):