(54)【考案の名称】屋内、屋外両用アンテナ

(73)【実用新案権者】マスプロ電工株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、地上波、例えば、地上デジタル放送の信号を受信する屋内、屋外両用アンテナに関し、詳しくは室内に設置して、或いは屋外に設置して、利用することのできる屋内、屋外両用アンテナに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来の室内アンテナにあっては、例えばテーブルの上に載置可能に形成されている支持台の上面に対して、支柱を支えるためのサイド板を樹立し、これに対して支柱を起伏自在に枢着し、その支柱の上部にアンテナを装着した構成が知られている(例えば、特許文献1参照)。
【0003】

【効果】

【0010】
以上のように本考案は、指向性を備えるアンテナ部材8をケース6で包囲してあるので、屋内に設置した場合に埃を被っても、容易に掃除できる簡便性がある。
また屋外に設置した場合は、外来物が飛来してきても、アンテナ部材8に直接当たる恐れは少なく、機械的に弱体なアンテナ部材8を保護して長期間の使用に耐える効果もある。
【0011】
さらに、 アンテナ主体部2を、アンテナの把持手段20に対して装着する場合は、ケース6の下面に一体的に連結してある円筒状の連繋部材3を把持手段20の嵌合孔21aに挿入することにより、両者の機械的な連結を簡単に可能にするばかりか、把持手段20に対するにアンテナ主体部2の方位角の回動調節も円筒物を回すだけで、極めて容易になる等、屋内のみならず、屋外における高所の危険な場所においてアンテナを設置する場合でも極めて簡便にできる効果がある。

(57)【要約】

【課題】屋内に設置する場合は勿論のこと、屋外に設置する場合においても手軽にアンテナを設置出来、その上、方位角の調節も極めて容易にでき、その上、構成は簡易で、しかも、堅固に構成しうる屋内、屋外両用アンテナを提供する。【解決手段】指向性を備えるアンテナ部材8をケース6で包囲してなるアンテナ主体部2と、中空円筒状に形成してあって、上面を上記アンテナ主体部2のケース6の下面に一体的に連結してある円筒状の連繋部材3とを備え、上記連繋部材3の外周面3bの形状は、上方が開口された中空穴状であって内周面は円筒状にしてある嵌合孔21aを備える把持手段20に対して、上方から、上記嵌合孔21aに対して、着脱自在で、かつ、回転自在に嵌合できる対応形状に形成してあり、さらに上記連繋部材3には、把持手段20に備えさせる止具25によって位置決めする為の止部4を備えさせてある。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):