(54)【考案の名称】管路形成体バックリング防止機構

(73)【実用新案権者】株式会社金澤製作所

(73)【実用新案権者】千代田ベトン株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、掘削孔の坑口と該掘削孔内に配設される推進管等の管路形成体及びシールド掘進機のバックリングの防止機構に関し、特にクサビ式、カム式、ゲート式及びスチールボール式、U字状部材及び逆U字状部材、止水パッキン及びフラップ等の応用機構によって、掘削孔の坑口と該掘削孔内に配設される推進管等の管路形成体及びシールド掘進機のバックリングの防止する機構に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、地中へ推進される推進管の連接作業には元押しジャッキのストロークを元に戻した後に推進管の戻りがなく、充分な間隙が必要であるが、土質の状況等によっては推進管に対するバック方向への押圧力が極端に付勢されて推進管が立坑内に逆押圧されて、必要な間隙がなくなり、元押しジャッキの再操作を繰り返すことがあった。

【効果】

【0011】
本考案の管路形成体バックリング防止機構は以上説明したような構成であるので、掘削孔の坑口と該掘削孔内に配設される推進管等の管路形成体の連接作業において、元押しジャッキのストロークを元に戻した時に推進管の戻りを完全に防止することができるクサビ式、カム式、ゲート式及びスチールボール式、U字状部材及び逆U字状部材、止水パッキン及びフラップ等の応用機構によって、掘削孔の坑口と該掘削孔内に配設される推進管等の管路形成体及びシールド掘淮機のバックリングを容易に防止できる効果がある。

(57)【要約】

【課題】掘削孔の坑口と該掘削孔内に配設される推進管等の管路形成体及びシールド掘進機のバックリングを防止する機構に関するものである。【解決手段】掘削孔の坑口と該掘削孔内に配設される推進管等の管路形成体及びシールド掘進機のバックリングを防止する機構を考案したものであり、掘削孔の坑口と該掘削孔内に配置される推進管等の管路形成体及びシールド掘進機のバックリングを防止する機構において、立坑壁に固定されたブラケットの先端部にリンクを介してクサビ型ストッパーが可動的に保持されており、管路形成体の推進時には該クサビ型ストッパーが該ブラケット先端のテーパー部より離間し、該管路形成体へのバック方向押圧力の付勢時には該クサビ型ストッパーが該ブラケット先端のテーパー部と管路形成体との間に押圧されて該管路形成体のバックリングを阻止等の構成による。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):