(54)【考案の名称】安全傘

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、日常使用する雨傘や日傘などに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、傘の形状はデザインを凝らしたり、構造的に使い勝手の良いものが工夫されている。
しかしながら、それはまぎれもなく雨や日射を防ぐためのものである。

【効果】

【0010】
従来の傘を挿して、並列に並んで2人しか通り抜けられなかった、ところが結果本考案の傘を挿して3人が通り抜けられて約1,5倍の効果があり、そして関節軸から下方向に折りまげて垂れ傘を設けることで、雨にかかる具合は損なわず、また日除け効果がある。
【0011】
関節軸から下方向にまげることで、隣同士による接触が起きても傘骨が直接に当たらず安全である。
また、自転車に取り付けてもその車副から大きくふくらみがないので安心である。
【0012】
傘に関節軸を設ける事だけで、取扱い方法は従来の傘と全く変わらず、安全で安価で安心して利用ができる。

(57)【要約】

【課題】本考案は、傘のもつ本来の効用を損なわないままに、傘の幅を狭くすることで、混雑する場所や狭い路地などで安全で安心して利用ができる、安価である傘を提供する。【解決手段】傘幅を狭くするために、傘の左右に折り畳みの関節軸を設けて、それを連動構造にして関節軸から先端を下向に折りまげて垂れ傘にする。傘幅を狭くすることによる、雨の吹き込みを少なく防いだり、直射の日除け効果又傘骨による隣同士の危険防止等を垂れ傘でもって、性能付加するものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):