(54)【考案の名称】包装容器用複合表示ラベル及びそれを貼付した円筒状包装容器

(73)【実用新案権者】武田薬品工業株式会社

(73)【実用新案権者】株式会社岩田レーベル

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、包装容器用複合表示ラベル及びそれを貼付した円筒状包装容器に関する。

【従来の技術】

【0002】
医療現場において、患者に注射や点滴をするときには、アンプルなどの包装容器に医薬液剤が充填されたアンプル製剤から注射器に液剤をとって注射の準備をして患者に投与されたり、医薬液剤を点滴の輸液包装容器に混注して使用することが行われている。そこで問題となることは、誤って医薬液剤を取り違えて患者に注射を施すなどの事故が発生することである。
【0003】
このような誤使用を防止するために、包装容器の内容物を識別するために貼付されるラベルにおいて、薬剤名などが印刷されている部分がシールになっており、このシール部をめくりとって注射器等に貼付するラベルが知られている。
【0004】
一方、アンプルなどの包装容器は、非常に薄いガラスにより形成されているために、調剤作業台などの机面からの転落落下によって破損する事故が発生しやすい。すなわち、医療機関において包装箱又は所定の保管ケースなどからアンプル製剤を取り出し、これを使用する際に一時的に調剤作業台に置いたアンプル製剤が、何らかの要因で倒れた場合、アンプルなどの包装容器は一般に胴部が円筒状であることから、作業台などの机面において転動しやすく、容易に転がり落ちて破瓶する。そして、床面に落下して破瓶すると、ガラス片や収容していた医薬品が周囲に飛散するおそれがある。
【0005】
この場合、例えば麻薬注射製剤などの員数管理が義務付けられている特殊な製剤などでは、アンプル製剤が割れてしまった場合に厚生労働省への届出義務があり、そのための手続が必要となる。このため、麻薬アンプル製剤については、医療機関からアンプル製剤の転動防止並びにそれに伴うアンプル製剤の破瓶防止についての改善が望まれている。このアンプルなどの円筒状包装容器の転動を防止する方法として、側縁の一部を胴部に貼着しない状態で延長し係止片としているラベルが知られている。

(57)【要約】

【課題】薬剤名などが印刷された部分を分離して注射器などに貼付することで薬剤の誤使用を防止し、円筒状包装容器の机面などからの転動落下による破損を防止する包装容器用複合表示ラベル及びそれを貼付した円筒状包装容器を提供する。【解決手段】表面に包装容器の内容物の情報を表示する固定表示部31が形成され、裏面に周方向の特定位置までは粘着層が形成されて、その特定位置から先は非粘着面とされ、粘着層において包装容器の胴部外周の周方向に湾曲して貼付され、非粘着面が胴部外周から浮き上がる固定ラベル3と、裏面に再剥離可能粘着層が形成されて、固定ラベル3の非粘着面に対応する表面を含む領域に再剥離可能に貼着される、固定表示部31に関連する移動表示部43を備えた剥離ラベル本体41と、その剥離ラベル本体41と一体的に形成され、裏面が非粘着面とされる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):