(54)【考案の名称】多機能音声効果補助装置

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、一種の携帯電話とマルチメディアスピーカーを結合する多機能音声効果補助装置に関する。特に一種の各種ブランドの携帯電話と接続し充電、再生、ハンズフリーによる使用及び各種マルチメディア音声再生機能に適した音声効果補助装置に係る。

【従来の技術】

【0002】
一般の携帯電話端末の充電器、ハンズフリー装置、音響スピーカーセットなどは、みなそれぞれ独立した設備或いは装置に属する。しかも大多数は単一機能だけを具えるため、使用機能及び応用範囲は制限されている。
現在IT業界で広く使用されているUSB及びMP3などの関連製品には、USB接続による携帯電話端末を充電する充電器、USB接続によりイヤホーンを通して音楽をダウンロードし再生などを行うMP3装置、USB接続によりスピーカーセットを通して音楽を再生するスピーカーなどがある。しかし、製品の多くは単一目的向けに単一の使用機能を具えるタイプである。

【効果】

【0006】
本考案によれば、スピーカー、充電器、ハンズフリー装置、音声再生装置などの製品の機能を結合することができ、各種ブランドの携帯電話端末と接続し、充電、再生、ハンズフリー使用を提供し、さらに音声入力端子或いはUSB接続端を経由し接続可能で、多機能音声効果補助機能を達成することができる。

(57)【要約】

【課題】 携帯電話端末及びマルチメディアスピーカーと結合し、特に各種ブランドの携帯電話と接続し充電、再生、ハンズフリーによる使用及び各種マルチメディア音声再生機能を達成する多機能音声効果補助装置を提供する。【解決手段】 主に各式携帯電話端末を設置及び連接可能な本体ベースを利用し、該本体ベース上にはUSB連接端、電源入力端、低音スピーカー出力端を設置し、該本体ベースは左右対称なスピーカーセットを連接し、各種ブランドの携帯電話端末或いはマルチメディア再生装置と連接することで、充電或いはハンズフリー或いは音声効果補助機能を達成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):