(54)【考案の名称】ボールマーカ

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はグリーン傾斜角を読取るセンサーをボールマーカーに組込み、パッティング周辺の傾斜を基準にライン全体の流れを把握し、的確な打ち出し方向を決めるためのデータを提供するものである。

【従来の技術】

【0002】
特願2005−504504で記載されている様に、グリーン上でのロングパットはパターのグリップに付けた目盛りを使って最適のテークバック量でパッティングが出来る。しかもグリーンの傾斜方向と同一ラインにカップが切られている場合は、その傾斜量に応じて前述のテークバック量を適宜増減する割合も示している。
しかしグリーンの傾斜方向から外れた斜めもしくは真横方向にカップが切られていると、ボールの転がり軌跡が大きく曲がってパッティングが大変難しくなる。

【効果】

【0005】
グリーン上に乗せたボールはボールマーカーで位置を明確にした後、拾い上げてゴミを拭き取る事が出来る。この間に傾斜角センサーの鋼球は自由運動の振幅が収斂して所定位置で静止する。拭いたボールを元の位置に戻す際にグリーン傾斜方向と角度及びカップの方位を読み取ってボールマーカーを拾い上げる。
グリーン上でカップまでのアンジュレーションを読み、上記一連の動作によって得たデータからボールの転がり軌跡をイメージし、特願2005−504504記載の距離計測法で求めた最適のテークバック量で所定の方向へ打つ事が出来る。

(57)【要約】

【課題】グリーン傾斜角を読取るセンサーをボールマーカーに組込み、パッティング周辺の傾斜を基準にライン全体の流れを把握し、的確な打ち出し方向を決めるためのデータを提供する。【解決手段】ボールマーカーの芝接触面に長さ数mmの円筒状スカートを設け、芝の葉の生え際に接地する事で組込んだ傾きセンサーの計測誤差を極力押さえた。傾きセンサーはパラボナ形半球上に、自由に転動する鋼球を入れ、その動きを保護するカバーで構成されている。パラボナ形容器の背面には同心円のリングを複数印刷し、ボールの静止位置でグリーン傾斜角が精確に読取れる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):