(54)【考案の名称】売店・飲食店内販売用近視・老眼使用者向け臨時使用用レターセット

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、便箋、葉書、封筒その他で構成される定形郵便用レターセットに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
充来のレターセットは罫線の間隔が7〜10ミリメートル程度のものが多く近視や老眼の使用者の実情は特に配慮していなかった。また、セット内容も1セット便箋12枚、封筒6枚入と手紙一通の使用ではほぼ使いきれないものだった。

【効果】

【0005】
上述のように、本考案の近視、老眼使用者向けレターセットは通常よりも大きな文字で手紙を書けるので実際にこれを用いて手紙を書いた際近視や老眼の使用者でも読みやすくなり、しかもセット内容が少なくその分価格も充来のものよりも単価が低くなるため外出先その他における臨時使用の際も使用者が手軽に購入することが可能である。

(57)【要約】

【課題】本考案は、レターセット内の便箋や葉書、封筒の文字記入欄の罫線幅を広くとることで近視や老眼の使用者でも使いやすくし、また通常よりも少ない枚数で構成することにより臨時の際も便利に手紙を出しやすくする。【解決手段】本考案は、セット構成品目の文字記入部分の罫線部分の間隔を従来より広くとることにより通常よりも大きめの文字で手紙を書くことを可能とし、且つセット内容を充来のものより少ない枚数で構成することにより使用者が臨時に手紙を書く際便利に使用できるものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):