(54)【考案の名称】物干し兼用衣服ハンガー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は多様な衣類を吊すハンガーの向上に関するものであり、特に長い丈のスカート等の衣服を、クリップを用いて吊して保管するハンガーで、スペースをとることなく保管でき、洗濯用物干しハンガーとしても使える物干し兼用衣服ハンガーを提供する考案である。

【従来の技術】

【0002】
高齢化世代が増加し、長い丈のスカートが好まれるようになってきている。こうした長い丈のスカートを、スペースをとることなく吊して保管するハンガーが求められている。従来技術では、複数枚のスカートが吊せるスカート吊し用ハンガーは、スカートを吊す部分を梯子形状で構成し、各梯子段にスカートを保持するクリップを設け、クリップでスカートを吊す形状となっている。
【0003】
一方、洗濯用物干しハンガーは円状又は長方形状の枠部に複数個の洗濯挟みを吊した形状で作られている。

【効果】

【0009】
本考案のハンガーは1個で数枚のスカートが吊せるスカート吊し用ハンガーである。また、そのままで洗濯用ハンガーとして使え、ハンカチやタオルといった小物用途から、シャツといった大物用途別に、使い勝手の良い使い分けができる。また、平面形状であるため、干すのに必要な数だけハンガーを使用することで、空間的なスペースを狭くでき、効率よく空間の利用でき、多数の洗濯物が干せる。
【0010】
本考案は、4個以上のクリップ等のスカートを挟む衣類保持構造を設けることで、4個の場合、2個のクリップで1枚のスカートを保持し、2数のスカートがずらして重ねて吊せ、保管スペースをとることなく掛けられ、長い丈のスカートがタンス等の床面につくこともない。また、クリップ等の衣服保持構造の数を増やせば、2枚以上のスカートを吊すことができ、スカート収納スペースも少なくでき、衣服収納タンスの床面につくことによるしわができるというトラブルもなくなる。
【0011】
長尺形状部分にクリップ等の衣服保持構造物を5個つける場合、2枚から3枚のスカートが吊せ、ハンカチやタオル等の洗濯物は5数枚干せる。
【0012】
衣類保持構造物を有した長尺形状部分を2列並列に近接して設けたハンガーの場合、スカート等の吊せる枚数は倍になり、その効果は倍増する。さらに長尺形状列数を増やせば吊せる効果は大幅に向上する。
【0013】
長尺形状部分を長方形状にし、衣服保持構造物列を複数列設ける構造の場合についても、衣類保持構造列の増列数に応じて吊せる枚数は増やせる。

(57)【要約】

【課題】本考案は、長い丈のスカートを吊した場合、多段スカートハンガーで2段目以下の梯子段に吊したスカートがタンスやクローゼットの床面に触れ、スカートにしわを作る原因となっており、複数のスカートが吊せるスカート吊しハンガーが求められている。【解決手段】本考案は、長い棒状形状の硬質材料に、複数個のクリップ等の衣類保持構造物を取り付け、衣類保持構造物を取り付けた棒に吊り下げ部を設けたハンガーを考案することで前述の課題を解決する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):