(54)【考案の名称】多機能シール

(73)【実用新案権者】株式会社資生堂

(73)【実用新案権者】上六印刷株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、1枚のシールでありながらPOP機能(ポップ広告機能)と、封緘機能と、能書き機能とを全て兼用できるようにした多機能シールを得ることを目的とする。

【従来の技術】

【0002】
従来、容器の本体と蓋体間に封緘目的で掛け渡すようにシールを貼設し、開封目的で一旦本体から蓋体を取り外した場合には、そのシールが破断され外形変化をきたすので、そこの部分を視認することにより簡単に未開封の保障を確認できるようにした封緘シールは多数知られている。
同様にPOP機能だけを発揮するようにしたシールも多数知られている。
【0003】
上記の封緘シール等は、容器内商品の改竄を防止する見地から重要なものであるが、だからといって単に封緘機能のみ、あるいはPOP機能のみを追求するだけではシールの存在価値が乏しくなる嫌いがあった。

【効果】

【0008】
以上述べたように、請求項1乃至3の多機能シールによれば、多機能シールを被接着体に接着したままの状態においては、上層シールの表面が顧客の視線に触れることになり、そのとき上層シールのPOP表示欄が正面から良く見えるためPOP機能が十分に発揮され、ついで上層シールを引っ張って下層シールから引き剥がすと、その上層シールは二度と下層シールの表面に積層圧着することができなくなるので、結果的に上層シールが安定的に存在しているということは、その容器の未開封を保障するという封緘機能が発揮されていることになり、またこの上層シールが剥離された際には、そこに表れた下層シール表面の能書き表示欄が読み易い状態となるので能書き機能が十分に発揮されるという効果が達成される。

(57)【要約】

【課題】 本考案は、1枚のシールでありながらPOP機能と、封緘機能と、能書き機能とを全て兼用できるようにした、使い易さに優れた多機能シールを提供せんとするものである。【解決手段】 蓋体と容器本体とからなる被接着体に接着されるシールであって、蓋体用と容器本体用とに分離して形成される下層シールと、この下層シールの表面を覆うように積層圧着される一枚の上層シールとで多機能シールを構成し、分離された下層シールの表面に上層シールを再圧着不可能な状態で圧着し、この上層シールの上縁側にPOP表示欄を突出状に形成するとともに、下層シールに能書き表示欄を形成し、下層シールの裏面には被接着体に接着された際に下層シールの剥離を困難にする粘着層を形成したことを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):