(54)【考案の名称】未来レポート

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、未来を予測する占いの鑑定結果をもとに、鑑定を受ける側に未来を分りやすく伝えるため、鑑定を受ける側を主人公にした独自の未来物語を作り、絵を使って各記録媒体に保存する事に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の占い鑑定では、記録に残す事より記憶に残す事に重点が置かれ、仕事運、恋愛運、結婚運など、単発で部分的箇所だけを文字により記録に残すことはあっても、鑑定を受ける側の未来の成長過程を、絵を使って物語として分りやすく伝える方法はありませんでした。

【効果】

【0007】
本考案の占い結果を物語として記録に残すことで、鑑定を受ける側には記憶の曖昧さが消えて常に占い結果を検証することができ、自身が主人公の物語によって楽しく占い結果の詳細を理解する事ができ、自身の幸せな未来をイメージすることができます。占い師も記録に残ることで、未来予測を外した場合は占い師の名誉に関わる問題のため占い師が緊張感と責任感を持って鑑定することで高品質な鑑定になります。
【0008】
また、鑑定を受ける側が違う占い師の鑑定を希望した場合でも、名前や生年月日、正確な生まれた時間、生まれた場所、血液型等が記載されていれば常に良質な占い鑑定を何処でも受けることができます。

(57)【要約】

【課題】占い師が責任を持った鑑定を行う為にも、占い結果を記憶ではなく記録に残すことが重要であり、占い鑑定を受ける側が、未来の時点であっても鑑定結果が検証でき、口頭では伝わりにくい鑑定結果の詳細が分かる未来レポートを提供すること。【解決手段】本考案の未来レポートは、占い結果の内容をもとに、占い鑑定を受ける側を主人公にした独自の物語を作り、絵を用いて絵本等の各媒体に記録し、鑑定を受ける側に占い結果の詳細を分りやすく伝え、常に占い結果の検証が可能である事が特徴です。さらに、鑑定を受ける側が主人公の物語のため、占い結果に感情移入しやすく、主人公の長所を伸ばし短所を矯正するように物語を構成することで、鑑定を受ける側の未来が良い方向にいく可能性が高まります。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):