(54)【考案の名称】地中配管装置における推進管支持構造

(73)【実用新案権者】株式会社ホウショウEG

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、下水道管などを地中に配設するために使用する地中配管装置において、配設すべき管を装置に支持させるための支持構造に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
一般的に、下水道管などの管を地中に埋設するための工事においては、埋設予定区間の地面を掘り返し、所定の勾配を有しつつ当該管を配設したうえ土砂を埋め戻す方法(いわゆる埋設工法)と、埋設予定区間の両側に発信立坑および到達立坑を設けておき、発信立坑から到達立坑に至る範囲に、配設すべき管で構成される推進管の内部に掘削スクリューを配置しつつ両者を推進させたうえ、掘削スクリューを撤去することにより残置される推進管によって配管を構成させる方法(いわゆる推進工法)があった。そして、工事期間中の交通渋滞を緩和するため、現在では後者の方法が主流となっている。
【0003】
そこで、上記推進工法には、油圧ジャッキ等によって地中に圧入する推進機が使用されるが、この推進機は、基台レールに沿って進退可能な推進部が設けられており、掘削スクリューと推進管とを推進部に装着して地中に圧入した後、推進部から掘削スクリューおよび推進管を離脱させたうえで当該推進部を後退させ、さらに同種の掘削スクリューおよび推進管を継ぎ足して再び推進させることによって、長区間の推進配管を実現していた。
【0004】
そして、掘削スクリューは、推進部内に設けられる油圧モータによって回転駆動される回転軸に螺合され、推進管は、推進部前面の支持部によって支持されることにより、掘削スクリューは推進管の内部で回転することとなり、最も先端に位置する掘削スクリューが推進方向の前方を掘削することによって発生する土砂を、推進管の内部を通過させつつ推進機まで移動させるようになっていた。従って、発信立坑に排出される土砂は当該発信立坑から適宜排出していた。
【0005】
ここで、掘削スクリューは推進管の内部に配設されるものであるが、掘削スクリューのみに回転力が伝達されること、および、当該掘削スクリューは最終的に推進管の内部から撤去されるものであることから、両者を一体的に構成することはできなかった。そのため、継続的に継ぎ足される掘削スクリューと推進管は、推進機に供給されるときは、推進管の内部に掘削スクリューを挿入した状態であるが、推進機との連結のときには、まず、内部の掘削スクリューを連結した後、推進管を連結(支持)されることが必要であった。なぜなら、先に推進管が推進機に接続されるときには、掘削スクリューは推進管によって包囲されて、外部から掘削スクリューに触れることができない状態となるからである。
【0006】
しかしながら、掘削スクリューの後端が推進管の後端と接近する場合には、掘削スクリューと推進機との螺合作業が困難となるものであった。そこで、推進管の後端と推進機との間にスペーサを設け、当該スペーサによって生じた間隙を利用することにより、掘削スクリューの螺合作業を容易にしていた。そして、このスペーサは、推進機の推進力が推進管に伝達し得るために、推進機の推進部に装着できるとともに、推進管の後端を支持できるように構成されていたのである。
【0007】
地中配管装置における従来の推進管支持構造は、特開平2−157396号公報において開示されるように、推進部の前面にスペーサ軸(チャック支持軸)を立設するとともに、このスペーサ軸(チャック支持軸)に装着可能なスリーブ体(チャック脚部)と、このスリーブ体(チャック脚部)の先端に円環状の推進管支持部(チャック)とを一体的に構成し、上記スリーブ体(チャック脚部)に上記スペーサ軸(チャック支持軸)を挿入させることによって、推進管支持部(チャック)を推進部に装着する構成となっていた。
【0008】
また、特開平9−53389号公報において開示されるように、推進部の前面のうちの回転軸(駆動軸)の周辺を僅かに隆起させ、この隆起させた部分(係止突起)によって係止される部分(係止部)を有する支持基部(板部材)と、この支持基部(板部材)から所定間隔を有して配置された支持部本体(板部材)とによって推進管支持部(パイプ支持部)を構成したものがあった。

【効果】

【0022】
本考案によれば、支持部本体は、スペーサ軸を介在させつつ支持基部と一体的に構成されており、この支持部本体およびスペーサ軸が、推進部の回転軸近傍から離れることにより、当該回転軸周辺のスペースが確保されることとなり、推進部を大きく後退させることなく、掘削スクリュー等の装着作業を十分に実施することができる。また、支持部本体は、開口端を有する略C字形に形成されていることから、推進部の回転軸が支持部本体の中心付近に位置するように、当該支持部本体を配置させていたとしても、回転軸が上記開口端を通過することにより当該回転軸を支持部本体の外方に位置させることが可能となる。この場合、支持部本体の略C字形状の開口端が上向きであるときには、支持部本体を下降させることによって、支持部本体の開口端は回転軸付近またはそれよりも下位まで移動させることができるのである。
【0023】
推進管を支持するときには、推進部本体を上昇させることとなるが、このとき、推進部本体の開口端は推進管の端縁に当接することはないものの、当該部分は推進管の端縁上部であって、端縁下部は推進部本体の内周端縁または階段状係止部によって支持されることとなるのである。この階段状係止部は、内周端縁に段差を設ける構成であるため、当該断面形状が略L字形となっている。従って、垂直面(縦方向表面)は、推進管に対する推進力の付与に寄与し、弧状面(横方向表面)は、推進管の後端部の重量を支えることに寄与するものである。
【0024】
さらに、推進部を油圧ジャッキにより推進させる場合、同じ油圧発生装置による油圧を利用する油圧シリンダによって上記支持基部の昇降を操作することができ、この場合には、当該油圧シリンダにより推進管支持部が上昇しない限り油圧ジャッキが作動しないように制御することが容易となり、また、一連の油圧系統の制御において、油圧シリンダの操作に続いて油圧ジャッキが操作されるようにすることによって、当該推進管支持部の上昇操作、すなわち、推進管後端と推進部との接続操作がなされないままで推進部の推進が始動することを防止できることとなる。

(57)【要約】

【課題】掘削スクリュー等の装着作業中には推進管支持部の場所を移動させることができるとともに、推進管支持部の使用時には推進管の後端を十分に支持し、推進管支持部の装着作業を確実にすることができる推進管支持構造を提供する。【解決手段】配設すべき管Cを推進部2の前面2aで支持する推進管支持構造であって、推進部の前面に当接する支持基部3と、この支持基部に水平方向に突設されたスペーサ軸51,52,53,54と、このスペーサ軸の先端付近に支持され、かつ略C字形の開口端を上向きにしてなる支持部本体6と、この支持部本体の内周端縁の前面側を階段状に形成して上記管の後端下部の端縁および外側表面を同時に当接する階段状係止部63とを備えている。支持基部は昇降可能に設けられるとともに、支持基部が上昇するとき支持部本体の階段状係止部が管の後端下部を支持し、支持基部が下降するとき管の支持を解除する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):