(54)【考案の名称】折り畳み式隠蔽シート

(73)【実用新案権者】小林記録紙株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はシートを折り畳んで貼り合わせることにより情報を隠蔽する折り畳み式隠蔽シートに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、個人情報が記載されている郵便物を郵送する場合、隠蔽機能を持つ保護シールを貼り付けることによって個人情報を保護するようにしている。ところが、このような保護シールのほとんどは一度剥がした後に再度貼り付けることができるようになっている。このため、第三者が個人情報を盗み見るために保護シールを綺麗に剥がして元通りに貼り直したとしても、開封された事実を知ることができず、個人情報が漏れていることが判らなかった。

【効果】

【0006】
本考案の折り畳み式隠蔽シートによれば、シートを折り畳んで貼り合わせることによりシート上の情報を隠蔽して保護することができる。また、接着剤層とインキ層との接着力がインキ層と剥離剤層との接着力よりも大きく設定されているので、開封した場合には貼り合わされた対向面の接着剤層がインキ層に接着したまま剥離剤層から剥がされる。このため、接着剤層の上にインキ層が転移され、接着剤層の接着面がインキ層によって覆われるので、これを見れば開封された事実を知ることができる。さらに、接着剤層の接着面はインキ層によってその接着力が阻止されているので、元通りに貼り直すことは不可能であり、開封後の再貼付を防止することもできる。

(57)【要約】

【課題】情報を確実に保護するとともに、開封された事実を検知でき、開封後の再貼付を防止すること。【解決手段】折り畳んで貼り合わされる葉書用シート2の対向面のうち、一方の面の周縁部に強接着剤層12を設けるとともに、他方の面の強接着剤層対応箇所には剥離剤層14上にインキ層15を積層し、強接着剤層12とインキ層15との接着力をインキ層15と剥離剤層14との接着力よりも大きく設定することにより、貼り合わせた後に開封するとインキ層15が剥離剤層14から剥がれ、強接着剤層12の上に転移されるようにする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):