(54)【考案の名称】カード型バイブレーター

(73)【実用新案権者】株式会社 全協販

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はカード型バイブレーターに係り、特に、携帯電話により作動制御しうるカード型バイブレーターで関する。

【従来の技術】

【0002】
従来より、身体の凝りをほぐす各種の携帯用バイブレーターが使用されている。このような各種の携帯用バイブレーターは、バイブレーター本体に装備されている電源スイッチをON/OFF作動させることにより、駆動又は停止制御をするように構成されている。
【0003】
しかしながら、このような従来の携帯用バイブレーターは、小型化されているものではあるが、なおバッグに収納して持ち運ぶ必要のある大きさであり、携帯に不便な場合があった。
一方、近年広く普及している携帯電話のイヤホンには様々な機能が組み込まれている。例えば、携帯電話の音声を聴取する本来のイヤホン機能の他、マイク機能や、携帯電話への受信信号をピックアップして携帯電話側の機能を制御する機能、例えば、着信音の発声を携帯電話本体側から行わず、イヤホン側へ音声として伝達する機能も備えている。
【0004】
この場合、上記ピックアップ機能に関しては、携帯電話へのある時点での着信時に何らかの機能を作動させ、次回の着信時には当該機能の作動を停止するようなプログラムにより構成されている。

【効果】

【0012】
従って、請求項1および2記載の考案にあっては、送信側の携帯電話により受信側の携帯電話に接続されたカード型バイブレーターの作動を制御することができる、
また、請求項3記載の考案にあっては、身体当接面部は、平面細長長方形状であって、長さ方向において湾曲して形成されていることから、凝りの発生している部位全体に当接させて部位全体を広くマッサージすることができる。
また、上記凸部を凝りのより強い部位に強く圧接することにより、当該懲りを集中的にほぐすことができる。
【0013】
従って、凝りの最も強い部位を上記凸部を利用して集中的にほぐすことができると共に、凝りの強い部位の周囲に広がっている凝り全体の部分に身体当接面部を押し付けることにより広く筋肉をほぐすことが可能となる。
また、請求項4記載の考案にあっては、携帯電話を介することなく、バイブレーター本体側で駆動制御を行うことができるため、
【0014】
また、請求項5記載の考案にあっては、携帯電話と同様の大きさで、上着のポケットにも入る大きさであって、非常に携帯に便利なカード型バイブレーターを提供することができる。

(57)【要約】

【課題】携帯電話のイヤホンの機能を利用して携帯電話により作動制御を行うカード型バイブレーターを提供する。【解決手段】携帯電話に接続される接続コードと、上記接続コードを介して携帯電話に接続されるバイブレーター本体を有するカード型バイブレーターであって、上記バイブレーター本体は、駆動電源を供給しうる電源部と、上記電源部から供給される電源により駆動し、振動を発生させうる駆動部と、上記駆動部により駆動される振動板と、上記振動板の振動が伝達されて振動するケースとを有し、上記接続コードは、上記携帯電話の着信音を感知した場合には上記電源部に対して、駆動部に電源を供給する信号を発信すると共に、上記着信音の次回の着信音を感知した場合には上記電源部に対して、駆動部への電源の供給を停止する信号を発信する制御部を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):