(54)【考案の名称】書籍類の構造

(73)【実用新案権者】株式会社サンニーズジャパン

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、絵や文章を記載した本文に加えて、付録などの物品を出し入れ可能に収納することができる絵本などの書籍や雑誌、ノート等の様々な書籍類の構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、絵本などの書籍類において、文字や絵を記載した本文だけでなく、付録等の物品を収納できるようにして、読者の楽しみを増すことができるようにした構造が知られている(例えば、特許文献1乃至3を参照)。このような構造の書籍には、厚紙からなる表紙又は頁紙葉に透孔を設けて、その中に容器体とカバー体とを備える物品収納体を嵌め込んだり、貫通穴を設けた容器を表紙又は裏表紙の裏面に貼り付けかつ本文頁と共に重ねて書籍状にしたものがある。
【0003】
また、書籍には、本文頁の紙葉を背側で綴じ込むのではなく、数重に折り畳んだ頁材の一端を背部で折曲した表紙又は裏表紙に固定し、各頁を展開できるようにしたものが知られている(例えば、特許文献4を参照)。更に、このように折り畳んだ状態で表紙と裏表紙との間に収容される本文に加えて、記録媒体の収納ホルダーを裏表紙の裏面に貼り付けた絵本が知られている(例えば、特許文献5を参照)。
【0004】

(57)【要約】

【課題】本文頁を自在に展開して頁毎に又は連続する複数の頁に跨って文章や絵を表現でき、物品を収納できかつそれを容易に外から見ることができる書籍類の構造を提供する。【解決手段】絵本1は表紙2と裏表紙3と背表紙4と本文頁紙5とが1枚の長尺の紙からなる。本文頁紙は、裏表紙の小口部分3aから見開き方向に延長する1枚の連続紙を小口部分で内側に折り曲げかつ複数の折り目7に沿って交互に逆向きに折り畳まれて表紙と裏表紙の間に挟み込まれ、絵本を読むときには、小口部分を内側に折った状態又は開いた状態で各頁5aを順に見開いたり全頁を展開する。表紙の裏面には物品収納部6が一体に貼着され、物品収納部を貫通する複数の物品収納穴8に付録等の物品を収納する。物品収納穴は表紙に設けた複数の透明シートの窓9から中を覗くことができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):