(54)【考案の名称】容器用表示ラベル

(73)【実用新案権者】株式会社岩田レーベル

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、錠剤、カプセル剤、細粒、散剤、顆粒、液剤などを収納する容器に貼り付けられる容器用表示ラベルに関する。

【従来の技術】

【0002】
例えば錠剤などの医薬品は、プラスチックやガラス、PET製のボトルなどの容器に収納され包装されて販売されるのが一般的である。そして、最近では、リサイクルや流通の効率化を図るために錠剤などを収納する容器の標準化が進められており、錠剤などを収納した容器の大きさや形状、材質等が統一されるようになってきている。
【0003】
このように医薬品を収納した容器の周面には、容器内に収納した錠剤などの内容物を示すための適当な表示をするために、容器内に収納した内容物の情報を表示するための表示ラベルが容器の周面に貼り付けられているのが一般的である。そして薬剤師、医師等の使用者は、容器の周面に貼られた表示ラベルを見て確認し、開口部に着脱可能に装着された蓋を取外して、容器内から内容物を取り出して使用している。
【0004】
薬剤師、医師等の使用者は、このように錠剤を収納した容器を引出しなどに数種類まとめてしまっておき、引出しの中から必要な容器を取り出して使用することが多い。このような場合、引出しを開けた際に容器の蓋の上面しか見ることができないために、容器をいちいち持ち上げて、容器の周面に貼られた表示ラベルを見て容器内の内容物を確認しなければならないため、効率が悪いといった問題がある。
【0005】
このため、使用者が自ら油性インクなどを利用して蓋の上面に内容物の表示を記載して、蓋の上面から見て容器の内容物を確認できるようにすることが行われている。しかし、使用者側において、容器の蓋の限られたスペースにいちいち内容物の表示を正確に記載しなければならないのは煩雑であり、また、引出しなどに収納した場合、記入した人の字体等の個人差で判別し難いという問題もある。

(57)【要約】

【課題】使用者が容器の蓋に内容物の情報を簡単かつ確実に表示することができる容器用表示ラベルを提供する。【解決手段】容器の周面に貼り付けられるラベル本体10と、その側部にラベル本体10から切離可能に一体に形成される分離ラベル20とを備え、ラベル本体10には、収納した内容物の情報を表示する第1表示部11が設けられ、また粘着剤層12が裏面に形成されており、分離ラベル20には、収納した内容物の情報を表示する第2表示部21が表面に設けられ、剥離自在に貼り付けられるための再剥離粘着剤層22が裏面に形成されており、ラベル本体10と分離ラベル20の境界には、ミシン目線30が設けられ、分離ラベル20はこのミシン目線30によって、ラベル本体10から切り離されて蓋の上面に貼り付けられる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):