(54)【考案の名称】ヘアーアイロン

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案は、ヘアーアイロンに関し、特に髪の毛を巻いて巻き髪に髪をセットすることができるヘアーアイロンに関する。

【従来の技術】

【0002】
髪を巻いて巻き髪にセットするヘアーアイロンは、図1に開示するように、金属棒11と、該金属棒11に貼着するように設けられた挟持部12と、該金属棒11の内部に設けられた電熱ユニットと、該金属棒11の挟持部12が設けられた端縁部に対向する一端に接続したハンドル13とを含んでなる。
【0003】
髪を巻きつける場合には、金属棒11と挟持部12により髪を挟んだ後、髪をひねり巻いた髪型を形成する。
【0004】
しかしながら、従来のヘアーアイロンは使用上不便で、一般の人が巻き髪をセットする場合に、理想の髪型にセットすることが難しい。

【効果】

【0011】
この考案によるへアーアイロンは、巻き髪に髪型をセットために便利で、専門的な技術のない人でもセットすることができる効果を有する。

(57)【要約】

【課題】髪型を巻き髪にセットする場合に便利な吸入式の電気アイロンを提供する。【解決手段】 螺旋状に形成され、内壁に電熱ユニットを設けてなり、上端にラッパ状の吸入口を備えてなる中空の管体と、該中空の管体に接続し、ハンドル状を呈し、内部に電気回路板を設けてなり、該電気回路板が中空の管体の電熱ユニットに接続し、底端が導管に接続するベースと、吸入力を調整するボタンを設けてなり、導管に接続する吸入力手段とを含んでなり、導管の一端に吸入力手段を接続し、吸入力手段の吸入力で吸入口から髪を管体の内部に吸入し、螺旋状の管体及び電熱ユニットの熱で巻き髪に髪をセットすることができ、髪のセット作業に便利な構造からなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):