(54)【考案の名称】音発生装置付き音楽教習本

(73)【実用新案権者】株式会社サンリオ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は幼児や子供の音楽教育や遊戯に好適な音発生装置付き音楽教習本に関する。

【従来の技術】

【0002】
幼児や子供の頃の音楽教育は非常に有意義であり、こうした観点から、従来、先行技術1、2のように、楽譜と電子楽器などの音発生装置を一体的にした本が知られている。
【0003】
前記先行技術は、厚紙からなる表紙体の背表紙の上半部に多数枚の楽譜を綴り合せた楽譜部体を貼着一体化すると共に、下半部にピアノのごとき電子楽器を止着し、使用時に本を開き、楽譜部体の演奏したい頁を開き、それを見ながら電子楽器を操作するように構成されている。
しかし、先行技術においては、演奏時に楽譜が電子楽器と同じ平面状態に置かれるので、演奏者は電子楽器を操作しながら楽譜を上から覗き込むように見なければならず、このため演奏しにくく、また無理な姿勢に近いので首などが疲れやすく、長い時間教習を行いにくいという問題があった。
【0004】
この対策としては楽譜部体を表紙体に対して分離可能にし、別途準備した楽譜立てに装架させることになる。しかしこの方法では、せっかく楽器と楽譜が一体に組み合わされた本のよさが失われるばかりか、分離された楽譜を元に戻すのが面倒であるため、楽譜部体が紛失しやすくなる問題がある。

【効果】

【0007】
本考案によるときには、本立て部体は折り畳み自在であるから、不使用時は本体に組み込まれてコンパクトな形態になるので邪魔にならない。そして、演奏時には、折り畳み状態から展開して配する簡単な操作により、楽譜を付設した側の表紙部を平坦状でなく起立させた状態に保持できるので、視線をまっすぐにして譜面を見ながら楽に演奏を行うことが可能になる。また、楽譜部体を本体と分離させることが不要であるから、好ましい本形態を維持でき、重要なパーツである楽譜を散逸・紛失する心配もなくなるなどのすぐれた効果が得られる。

(57)【要約】

【課題】楽譜と音発生装置が本に一体化されている状態を維持しつつ、簡単な構造と操作で楽譜を見やすい角度に立てて演奏することができる発音装置付き音楽教習本を提供する。【解決手段】中間に背表紙部を有しこれを境に第1と第2の一対の表紙部を屈折可能に連設した厚紙からなる本体と、多数枚の楽譜片を冊子状に綴り合せてなり下面を前記第1の表紙部内側に止着した楽譜部体と、下面を前記第2の表紙部内側に止着した音発生装置と、前記楽譜部体の使用時に前記第1の表紙部を所定角度に保持する折り畳み展開自在な本立て部体とを備えている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):